ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

70年代の伝説的アニメ『ゴワッパー5ゴーダム』のアクションフィギュアが登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゴワッパー5ゴーダム,Go-wapper 5 Go-dam

ダイナマイトアクション! No.30 ゴワッパー5ゴーダム ゴーダム。価格は税抜20,800円。発売は2015年11月を予定している。

懐かし系ロボットのフィギュアでお馴染みのEVOLUTION・TOYから、1976年に放送されたタツノコプロ製作のロボットアニメ『ゴワッパー5ゴーダム』より巨大ロボット「ゴーダム」が立体化される。

『ゴワッパー5 ゴーダム』のストーリーは、団地に住む少年少女5人「ゴワッパー5」が巨大ロボットを駆って、地底魔神の軍事組織・自邸軍団ドロンジャーと戦うというもの。子供向けアニメではあるもののシリアスなエピソードがも多く、今もなおマニアたちに愛され続けている作品だ。

同作に登場する巨大ロボットが、この「ゴーダム」。70年台アニメならではの味わい深いプロポーションを見事に再現している。付属の差し替えパーツでゴーダムの変形バージョン「ゴーダムドラゴン」、「ゴーダムモーラー」を再現することも可能。さらには「ゴワッパー5」の面々が操縦するゴワッパー・メカも付属。ゴーダムからの発進シーンも再現することが出来る。

今回のフィギュア化は、EVOLUTION・TOYのアクションフィギュア・レーベル「ダイナマイトアクション」から。初期は『鋼鉄ジーグ』や『大空魔竜ガイキング』など永井豪/ダイナミックプロ関連のフィギュアや『鉄人28号』『マッハバロン』など、メジャー作品のフィギュアが中心だった同レーベルだが、2014年頃から吹っ切れたようにマニアックなフィギュアを連続リリース中。この調子で頑張ってもらうためにも買い支えていきましょう!

ゴワッパー5ゴーダム,Go-wapper 5 Go-dam

後姿。タツノコプロならではの独特なシルエットは、放送から40年近い時を経た今見ると逆に新鮮かも。

ゴワッパー5ゴーダム,Go-wapper 5 Go-dam

差し替えパーツで竜型の「ゴーダムドラゴン」に変形する。

ゴワッパー5ゴーダム,Go-wapper 5 Go-dam

「ゴーダムモーラー」は3機のドリルが特徴的。

ゴワッパー5ゴーダム,Go-wapper 5 Go-dam

付属のゴワッパーメカは、「エイプレーン」「ゲソマシーン」「タートルタンク」「ヘリマリン」「ヤドカリジープ」の5種。ゴワッパーメカ発進シーンが再現可能。

ゴワッパー5ゴーダム,Go-wapper 5 Go-dam

▼リンク
EVOLUTION・TOY
http://evolution-toy.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。