ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【自転車の安全通行のために】進行方向をシグナルで知らせるグローブが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Zackees自転車に乗る人にとって、混雑する路上は危険がいっぱいだ。

自分の進行ルートを周囲のドライバーにはっきりと知らせることは、事故を防止し、自分の身の安全にもつながる。

・右折、左折を知らせるシグナルグローブ

Googleでエンジニアを務めたZach Vorhies氏と、Murat Mzkan氏のチームが開発した「Zackees Turn Signal Gloves」は、そんな自転車愛好家のためのグローブだ。

グローブのライトが点滅し、右折、左折の進行を周囲に知らせることができる。

・起動スイッチに触れると作動

グローブの親指と人差し指の付近には、特殊なセンサーと金属プレートが設置されていて、この金属プレートが起動スイッチの役割を果たす。

親指を曲げてプレートをクリックすると、ライトセンサーが起動。ちなみに、ユーザーには作動中だとフィードバックが返ってくるので判別できるという。

左折したいときは、左のライトを作動、右折したいときには右のライトを作動させればよい。腕を伸ばして目立ちやすくすれば、背後を通行する車のドライバーに分かりやすく左折、右折を知らせることが可能だ。

Zackees2プレートから指を話せば、ライトの点滅はすぐに停止する。一定時間が過ぎると自動で消灯する機能もあるので、誤ってスイッチに何かが触れた状態が継続したとしても、電池の浪費を心配することはないという。

・54ルーメンの明るいLEDライト

LEDライトは54ルーメンと非常に明るく、はっきりと周りから際立って目立つ。

バッテリーはコイン型の再充電可能な電池で、通常の使用ではおよそ3週間もつというからありがたい。

・自転車グローブとしての性能も申し分なし

グローブ自体は、手のひら側が丈夫なレザーで、弾力性のあるスパンデックス繊維でできており、耐久性、通気性もバッチリ。しかも、洗濯機で洗えるというから驚きだ。

Kickstarterで成功を収めてローンチされた「Zackees Turn Signal Gloves」は、現在自社サイトで69.95ドルで販売中。自転車乗りからジョギング、散歩をする人まで、特に夜間の通行時に活躍してくれるだろう。

Zackees Turn Signal Gloves

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。