体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「カレータンタン麺」なんて、そんなの絶対に美味いに決まってるじゃないか【絶品麺】

f:id:Meshi2_IB:20150925155901j:plain

夏の暑さは今や遠い昔。すっかり秋も深くなり、穏やかな秋晴れが続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏、辛いものを食べて汗をかきたいところでしたが、この穏やかな季節の最中にもかかわらず、季節外れな、日本人が大好きなピリ辛かつウマウマな食べ物が合体した食べ物が登場しました。一年中食べても飽きられない食べ物、カレーが麺類の皮を被って……。

その名も「カレータンタン麺」!

そのまんま、カレーとタンタンメンの融合です。

この、日本人がいかにも好きそうな麺を発売したのは、一都三県35店舗を構える大手ラーメンチェーン『中国ラーメン 揚州商人』。一般的にはスーラータンメンが美味しいことで知られているお店です。関東圏の話で申し訳ありませんが、このそそられるラーメンが近場で食べられるだなんて、本当に日本に生まれてよかった!

実はこのメニュー、2015年8月に2週間限定で発売されたもの。なんとその期間中だけで2300杯も提供されてしまう大人気メニューになってしまったのだとか。いかに日本人がラーメンとカレーが好きだということがわかります。

ちなみに、ここ『揚州商人』では、季節ごとに何かしらの変り種ラーメンを出しているとのこと。これまで開発したメニューはなんと60種類以上! そんな研究の日々から偶然生まれたのが、このカレータンタン麺なのです。

何はともあれ、その爆発力を確かめるために揚州商人に確認しに行ってきました。

訪れたのは東京都豊島区東池袋店。地下鉄の駅から地上に上がると、すぐに真っ赤なネオンが目に飛び込んできます。つけ麺で超有名な『東池袋大勝軒』の並びに鎮座しております。強気です。

f:id:Meshi2_IB:20150925155903j:plain

さっそく件の「カレータンタン麺」を注文しようとしましたが「麺はいかがいたしますか?」との返事が。

よくよくメニューを見ると、細麺刀切麺(揚州商人オリジナルの極太麺)が選べるとのこと。

初めて食べるメニューなのにどっちがいいのか分からないので、店員さんに聞くと「お好みで」と言われまたも混乱。

本当のオススメはどちらがいいのかと食い下がってみた約30秒後「細麺の方が中国の伝統的な麺」だということで、細麺にチャレンジ。

f:id:Meshi2_IB:20150925155900j:plain

目的を「カレータンタン麺」一本に絞ってきたので、メニューは全然見なかったのですが、メニューの下の方に辛さに点数がつけられておりました。

辛さはレベル3とのこと。んん、ちょっと辛いのかしら。

f:id:Meshi2_IB:20150925155859j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。