ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体育会系の「修造」社員 病欠電話に「風邪はひきながら治せ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年入社の新入社員が選ぶ「理想の上司」調査で、男性の上司の1位に選ばれたのが松岡修造。熱血漢として知られ、「やる気を引き出してくれそう」なのがその主な理由。でも、身近にいる“修造社員”はトゥーマッチで厄介な場合が多く、「理想」からはほど遠いようで……。OLさんたちが自分の周りにいる“修造社員”について語り合いました。

 * * *
みり(IT・31歳):スポーツ中継になると湧いてくる修造。ウチの会社にも、“修造社員”がいるんだけど、これが厄介で……。

さき(メーカー・29歳):ウチの課長がまんま“修造課長”。彼主催の勉強会ってのが月イチであるんだけど、参加しないと「情熱がない!」「若い連中はこれだから」とグチグチグチグチ。肝心の勉強会もデータなしエビデンスゼロで、「営業は情熱」って語られるだけ。みんな、うんざり。

まこ(商社・28歳):ウチの部長もそのタイプ。しかも外国帰りだから、修造にルー大柴が加わったスキのない濃さw 「仲間をリスペクト」「エンパワーメントが成果を決める」とか、わっけわからない。

れな(メーカー・28歳):激アツの修造タイプは、ともするとパワハラに寄りがち。隣の部の課長はすれすれだね。「一生懸命なら疲れない!」とか「努力はかっこわるくない!」とか「かっこわるいのがかっこいい」とか禅問答を繰り返した挙げ句……。

さえ(流通・27歳):“サビ残”強要でしょ?

まこ:「体育会系」の押しつけも立派なハラスメントだよね。前の部長が完全にそれで、男のメンバーは週末ゴルフやテニスに付き合わせる。挙げ句に、始業前に部長開発の「オリジナル体操」を全員でやらされるようになっちゃってさ。

さえ:何なの、それ?

まこ:部長が編み出した、仕事に効くストレッチらしい。最初は肩こりとかによくて好評だったの。ところが、調子こいた部長が日に日に難度を上げたもんで、始業前からグッタリ。

れな:そういう部長ってさ、病欠の電話しても「病は気からだ。風邪はひきながら治せ!」とかわけわからない精神論いって、出社させたりしない?

まこ:するする~。「自分の体をマネージするのも勤め人の役目。お前はそれもできないのか!」とかうっせーから、這ってでも行くしかない。

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松岡修造 人生が変わる「ラーメンに□□□は使わない」実演
65歳定年制で再雇用 元部下の上司とぎくしゃくで職場不和も
元卓球部24才OL 部長に圧勝し口きいてもらえなくなる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP