ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天皇ご学友「皇太子殿下から公務を減らして下さいと進言を」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 来年初めに天皇・皇后両陛下がフィリピンを訪問する方向で調整中であることが明らかになった。「体調に不安のある両陛下に代わって皇太子ご夫妻が名代を務めては」との意見も皇室関係者から出ている。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「両陛下は昭和天皇がご存命の頃から、“名代”を務めてこられました。だからこそ、本来であれば皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻に公務のバトンタッチをしなければならないと思われているはずです。

 しかし、両陛下は“自分たちの体が動く限りは”とも考えていて、求める人々がいるのなら、“体に鞭を打ってでも行きたい、会いたい”というのが本音なのでしょう。とはいえ、両陛下の存在感ばかりが目立ち、いまだに皇太子ご夫妻は“私的”な部分ばかりが目立ってしまっています」

 そんな中、10月16日の東宮大夫の定例会見ではこんな場面があったという。

「あるベテラン記者が“80歳を過ぎた両陛下があれだけ公務をこなされているのに、どうして皇太子殿下の地方公務はいつも1泊2日なのでしょうか? 陛下が皇太子時代は3泊4日、4泊5日が当たり前でした”と質問したのです。東宮大夫は“ご意見として承りました”と答えるにとどまりましたが……」(皇室記者)

 このベテラン記者の指摘通り、10月末に予定されている鹿児島での国民文化祭など、今年の皇太子の地方公務は日帰りもしくは1泊2日がほとんどだ。東宮職関係者が語る。

「皇太子さまの日程が1泊2日なのは、雅子さまが参加しやすい日程にしているためです。体調に波があるため、2泊以上は難しいのです」(同前)

 そうした状況下では、皇太子夫妻が長期滞在が必要となる海外公務を“名代”としてこなすためには、よほど入念な準備と条件が揃わなければ実現不可能なのだろう。天皇の学友で元共同通信記者の橋本明氏が語る。

「両陛下はご自身たちのお体に自信があるため、まだまだ天皇・皇后としての責務を果たしたいという思いは理解できます。だが、慰霊の旅は皇太子ご夫妻が引き継ぐべきです。それでも雅子妃殿下が復帰できていない状況を鑑みて“まだ次世代には任せられない”という危機感をお持ちなのでしょう。

 そろそろ皇太子殿下には、“次代の天皇”としてのご自覚を持ってほしいと願われていると思いますよ。殿下から両陛下に“安心して公務を減らしてください”と進言していただきたいですね」

 皇后が宮内記者会の質問に答えた誕生日文書には、皇太子夫妻への“無言のメッセージ”が隠されていると宮内庁関係者は受け止めたという。

「愛子さまに関する記述はありましたが、皇太子ご夫妻に対しての言葉はありませんでした。これは皇后陛下から皇太子ご夫妻への“激励”なのではないでしょうか」

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮内庁職員「皇太子殿下は3.11に被災地に赴いてもよかった」
「両陛下は公務を減らすとの発想ない」と皇室ジャーナリスト
天皇皇后両陛下エメラルド婚 夕食会プロデュースは雅子さま

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP