ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iFixitでNexus 6Pが分解される、分解は困難で修理しにくいとの評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の iFixit は先週末に発売された 5.7 インチの Nexus スマートフォン「Nexus 6P」を早速分解した模様です。同社の公式サイトで分解レポートが公開されました。同社による Nexus 6P の修理のしやすさを示すスコアは 10 段階中 2 のかなり低い評価でした。これほど低かった理由は、そもそも本体を分解するのが難しいからで、特にガラスのカメラカバーに損傷を与えずにバックカバーを外すことは極めて困難だとしています。また、バックカバーを開くには専用ツールが必要で、より確実性を高めるためにはヒートガンも必要になるそうで、同じユニボディ構造の Nexus 5X とは違って、Nexus 6P の分解は難しい模様です。ただ、カバーを外せればバッテリーの交換は容易だと述べています。分解の課程では、3.82 V / 13.18Wh(約 3,450mAh)のバッテリーが使用されていることのほか、Micron 製の 3GB LPDDR4 RAM「MT53B384M64D4NK-062」、Samsung 製 32GB eMMC 5.0 NAND メモリ「KLMBG4GEND-B031」、Qualcomm 製の電源管理 IC「PMI8994」などが使用されていることが判明しました。Source : Qualcomm

■関連記事
ロジクール、Androidでも使えるBluetoothキーボード「K380」を発売、最大3台を同時に登録可能
DMM mobile、おサイフケータイ対応のSIMロックフリースマートフォン「arrows M02」を発売開始
BlackBerry、Androidスマートフォン「Priv」の代表的な機能を動画で紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP