体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニュースはこうして造られる?イスラム教の国で感じる「違和感」の正体

Photo credit: Nakano Takayuki「シリア図鑑 田舎生活編 〜協力隊で生活していた場所ってこんなところ〜」

Photo credit: Nakano Takayuki「シリア図鑑 田舎生活編 〜協力隊で生活していた場所ってこんなところ〜

こんにちは。TRiPORTライターのへむりです。

僕はシリアに青年海外協力隊として2年間の滞在を経て、シリアの治安の良さ、シリア人の親切さを、より多く感じる機会に恵まれました。しかし、日本でのイスラム教のイメージは「怖い」「戦争」「テロ」といったマイナスなものばかりです。

シリアってどんな国?ニュースでは伝えない騒乱前の平和な国のエピソード」で書いたように、騒乱前のシリアを知っている僕としては、シリアについて違和感を感じる報道が多くありました。今のシリアを知らない僕が、「どこが間違いなのか」と指摘するのは恐れ多いので、旅や協力隊での経験を元に、イギリスの大学で学んだ「マスコミ学」と交えて、ニュースの見方についての4つの視点を紹介したいと思います。

①珍しいからニュースになる

シリアで日本では走っていないアンティークの車を写真に収めようとシャッターを切ったとき、「こんな写真を撮るなんて!」と、怒られたことがあります。そこはシリアのイスラム教徒ばかりが住む地域だったので、「軍施設が写っていたのかな? それとも、村の女性の写真がよくなかったのかな?」と不安な気持ちでデジカメを見ると、写っていたのはやはり、ボロボロの車だけ。

僕が不思議に思っていると、「こんな写真を見たら、シリアが途上国だと思われるじゃないか」と、当時26歳にして学習塾の経営者をしているシリア人の友人がため息をつきました。「もっと豊かなのがわかる所を撮ってくれよ」、と。しかし僕は「珍しくないものなんて撮ったってしょうがないじゃないか」と心で呟きました。

「犬が人間に噛みついてもニュースにはならないが、人間が犬に噛みついたらニュースになる」と、マスコミュニケーションの授業で学びました。僕が「日本では見ないものだけ」を写真に撮ったように、日常の中にあるものはニュースにならず、珍しい出来事がニュースとして扱われます。

たとえば、日本で癌でなくなる方は1日あたり1000人近いのですが、それを毎日ニュースにするわけにいきません。それと同じように世界では飢餓で死ぬ人は、どんな自然災害よりも死者数で言えば多いのですが、報道の中で見ることが少ないのは「毎日起こっていること」だからです。

重要だからニュースになるのではなく、滅多にないからニュースになるのです。実は報道されていないことの中に、自分たちにとって、世界にとって重要な出来事があるのかもしれません。

②スポンサーの顔色

Photo credit: Nakano Takayuki「シリア図鑑 田舎生活編 〜協力隊で生活していた場所ってこんなところ〜」

Photo credit: Nakano Takayuki「シリア図鑑 田舎生活編 〜協力隊で生活していた場所ってこんなところ〜

メディアとスポンサーとの関係を知ったのは、イギリスの授業で紹介されたマードック氏がきっかけです。日本では有名ではないと思いますが、欧米の名だたる新聞・テレビ・映画を買収したメディア王です。彼が、報道の方向性に口を出せば、彼の買収したメディアが同調します。

欧米の新聞やテレビは支持する政党が明確で、市民もそれをわかっているそうです。日本ではスポンサーとメディアの関係が表に出ることが少なく、またそれを意識する市民は少ないように思います。

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。