ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、2015年度第2四半期は670万台のXperiaスマートフォンを販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony が 9 月 29 日に公開した Sony グループの 2015 年度第 2 四半期の決算説明資料によると、7 月 ~ 9 月における Xperia スマートフォンの販売台数は 670 万台でした。今期の販売台数は、前の四半期(2015 年 4 月 ~ 6 月)の 760 万台から 90 万台減少したことになります。販売台数は減少の一途を辿っており、売上高も 2,792 億円と前年同期から 15.2% 減少しましたが、営業利益は 206 億円の赤字と、前年同期から1,500 億円も赤字を縮小しています。台数が減少したことについて、Sony は台数規模を追わない経営方針にしたためとしています。これまでに行ってきたリストラや構造改革などの改善策が効いて大幅な赤字の圧縮に繋がったのでしょうか。この期間は、新型スマートフォンだと Xperia M5 や Xperia C5 Ultra、Xperia Z5 Compact が発売されました。どれも中 ~ 高価格帯の機種なので、一台あたりの利益が高くこのような結果に影響したのかもしれません。Source : Sony

■関連記事
Spigen、Xperia Z5のスマートフォンケースと液晶保護フィルムのセールを実施、同時購入でさらに300円引き
OnePlus、$249の5インチスマートフォン「OnePlus X」を正式発表
様々な“うみうし”を集収するAndroidゲーム「うみうし」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP