体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「親のためにサッカーをしているのではない。」サッカークラブが保護者に送ったメッセージに賞賛の声

生活・趣味
ht_sign_l12656125531b_151020_12x5_1600-1

とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。

本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…なんてことは、どこの国も同じようですよ。

“心の成長”を優先した
クラブ方針が全米に浸透

ht_sign_lb_151020_12x5_1600

件のクラブは、コロラド州デンバーのグランドジャンクションFIRE FC。賞賛されたのはその育成方針です。まずは、上の写真に書かれた内容に注目しましょう。

【子どもたちが気づかせてくれること】
・ボクらはまだ子供です
・これはスポーツであり、単なるゲームです
・コーチだってみんなボランティアなんです
・審判だって、もちろん人間です
・大学への奨学金が支給されることを期待したりしないでください

「我が子をもっと活躍させてほしい」、「スポーツ推薦や奨学金がもらるようなクラブのスター選手に育ててほしい」そんな親たちからの要望が後を絶たなかったそうです。行き過ぎた親の期待にクラブ側が出した答えが、子どもたちの目線に立ったこのメッセージボードでした。

スキルアップよりも
楽しさを優先

30173066

4歳から18歳までの子どもを育成しているFIRE FC。このボードは、11歳以下のジュニアクラスに通う親に向けたもの。そこが最大のポイントです。

「このクラスは本来、サッカーを通じて楽しむことを学び、チームや仲間との親睦を深めるのが目的です。ですから、子どもたちに過度なプレッシャーをかけてほしくないと、私たちは願っています。子どもたちが成長していくなかで、いつか自分から『もっとサッカーに打ち込みたい』と思う時がくるかもしれません。ですが、それを今、この場で提供するということは、私たちの願うところではないのです。サインボードを掲げたこの2年、私たちは親御さんたちの態度の変化を見てきました。私たちの考え方を支持し、とてもポジティブな影響を感じてくれています」

他の子どもと比較したり、競争心を前面に押し出す育成スタイルではなく、のびのびとサッカーを楽しみ、仲間意識やスポーツマンシップを、まずは子どもたちに養わせること。それがクラブが掲げる方針だったのです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会