体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職人の手つきで次々に揚げられる、こだわりの串揚げをリーズナブルに頂けます

f:id:mesitsu_lc:20151013105357j:plain

名古屋で知る人ぞ知る串揚げの名店として40年以上営業している「六迷館」。

カウンターに座るや否や、次々に揚げたてが運ばれてくる串揚げのお店です。

和を感じさせる落ち着いた店内にはカウンター24席の他、6名・8名と個室が2つあるので、カップルからちょっとした団体様まで楽しめます(カップルや女性客が多いそうですよ)。

21:20頃にL.O.で22:00には閉店してしまうので、1軒目としてお食事をしっかり、お酒を少々…そんな立ち寄り方が多いです。名物とも言える〆の『しめじご飯』も忘れずに堪能する事をおすすめします。

店の佇まいや雰囲気、料理の内容からは、お高い料金を想像しがちですが、反してリーズナブルな価格という点が良い意味で期待を裏切ってくれます!

本格串揚げ専門店の名に恥じない店構え

f:id:mesitsu_lc:20151013105333j:plain

名古屋の街を東西に割る錦通りから中に入ってすぐに店を構える同店。

黒を基調とした外観から、ただならぬ雰囲気を感じ取って頂けますか? 高級店のようなしっかりとした店構えと、串揚げ専門店という前置きのみ情報なら、少し気後れしてしまいそうですが、数回来店した事のある私は、“間違いのないお店”として友人・知人に紹介しています。

揚げたてを提供しやすいカウンター席がズラッと並ぶ

f:id:mesitsu_lc:20151013105334j:plain f:id:mesitsu_lc:20151013105335j:plain f:id:mesitsu_lc:20151013105336j:plain

入店すると、24名座れるカウンター席が目の前に。揚げたてがひと串ずつ目の前に運ばれてくるこのカウンター席をおすすめします。

もちろん、グループで来店の際は個室も用意されているので、そちらを使用できますよ。

さてさて着座!まずはお決まりの串揚げセットから

f:id:mesitsu_lc:20151013105337j:plain

左から塩、ソース、オリジナルソース、そして生キャベツ。このオリジナルソースは、カラシと数種類の香辛料をブレンドした独自のものだそうです。具材によって塩とソース、オリジナルソースと分けて頂いてください。

生キャベツは箸休めならぬ串休めとして欠かせないですよね。

f:id:mesitsu_lc:20151013105338j:plain

左の“井”の字の上に串揚げが運ばれてきます。

次々に揚げられる串揚げを口に運んだ後の串は、右の木の器へ。はい、これでドリンクを注文したなら、準備はOK! いざ、串揚げを頂きましょう!

お待ちかねの串揚げオンパレードのはじまり~

f:id:mesitsu_lc:20151013105339j:plain f:id:mesitsu_lc:20151013105340j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。