ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚記念日に夫から「家」贈呈 想像より豪邸で喜ぶ妻だが…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結婚記念日のプレゼントに、夫がマイホームをくれる──世の奥様にしてみれば、こんなにうれしいことはないだろう。東京都に住む専業主夫のOさん(42才)は、食品会社に勤める夫(43才)から、まさかのマイホームのプレゼントをもらったのだが、実は…。Oさんが、その裏側を告白する。

 * * *
 結婚9年目の去年の夏。ダンナがいつになく緊張した様子で、「オレはセコいものは贈らない。ズバリ、マイホームをあげる」と、こうきたの。

 そりゃあ、女としてそんなうれしいことはないわよ。その日から私は節約を始めて、ダンナは住宅展示場巡りをしたり、工務店に出向いたり。

 でも「私も設計に参加させて」と言うと、「サプライズだから」と言ってガンとしてきかない。なんとか台所の設計図だけ見せてくれて、「ほら広いだろ?」って。あのとき、おかしいと思うべきだったんだよね。

 で、とうとう迎えた結婚10年目の日。どこかのリフォーム番組みたいに、出来上がったばかりの家へ車で連れて行かれて、サプライズ感たっぷり。

 しかも想像していた家より大きくて、一瞬、「豪邸?」と飛び上がりそうになったけど、夢はそこまで。聞けば半分はダンナの両親が住む二世帯住宅+子連れで出戻ってきた義姉一家も一緒の三家族同居。

 それでダンナは、「どうだ? うれしいか。台所はきみが腕をふるえるように大きくしたから」ってドヤ顔してんのよ。

 本気で私が喜ぶと思っていたら、うちのダンナってどうかしているって。

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる
高学歴で理屈に合わぬことせぬ夫の野菜嫌いに妻が困惑する
43才人妻 風呂上がり夫の『Choo Choo TRAIN』に悩まされる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP