ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINEはずしのプロセス解説 スクールカーストを分析した書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『スクールカーストの正体 キレイゴト抜きのいじめ対応』堀裕嗣/小学館新書/821円

 現役の中学校教師が、学校内での生徒の序列「スクールカースト」を通して、いじめがどのように起きるかを分析。最近は、上のカーストが下のカーストをいじめるケースは少なく、同じカースト内で行われることが多い。

 その場合、いじめの被害者と加害者が入れ替わることも珍しくなく、教師の対応も難しくなっているという。そのほかにも、LINEはずしが起きるプロセス、突然キレる生徒が増えている理由なども解説してあり、子供たちに今何が起きているのかがよくわかる。

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
有名私学生徒 ツイッターで中傷も学校は外部の犯行と責任逃れ
「いじめは要は学校内で行われる暴行、傷害、恐喝」と道場長
姿隠す大津いじめ担任 学校は「何喋るかわからない」と危惧

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP