ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村獅童率いる“頑固系男子”がお出迎え! 11月オープン『頑固あげポテト屋』の限定フレーバーを勝手に予想してみる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


長年愛され続けるスナックを生み出してきた湖池屋(コイケヤ)のこだわりのポテトチップス『頑固あげポテト』がリニューアル! 創業当時の手揚げ風のおいしさを現代によみがえらせた『頑固あげポテト』ブランドをより多くの人に楽しんでもらうため、リニューアルを記念して、東京・紀伊國屋書店新宿本店に『頑固あげポテト屋』を11月9日~15日の期間限定でオープンします。

『頑固あげポテト』は、創業当初の手揚げのポテトチップスを再現し、絶妙な堅さと香ばしさを実現したシリーズ。

<『頑固あげポテト』の製品特長>
一度目は高温で表面をカリッと揚げ、いもの旨みを閉じ込める
二度目は、低温でじっくり揚げ、中までしっかり火を通す
三度目は、再び高温で揚げ香ばしくカラッと揚げる
こだわりの“三度揚げ”と、頑固に受け継いだ釜揚げ製法でつくったポテトチップスです。

いもの味がしっかりしていて、大人になって食べるとその良さに改めて気付かされるコイケヤのポテトチップスですが、『頑固あげポテト』も、ギュッと凝縮された旨みが堪らないですよね。

今回オープンする『頑固あげポテト屋』では、工場から直送される“こだわりのできたて頑固あげポテト”を店舗限定フレーバーで提供。この限定店舗でしか味わえない6種のフレーバーを楽しめるというのです!

また、『頑固あげポテト』の“頑固なこだわり”を存分に味わってもらうために、店主の信条を「頑固三箇条」として掲示するなど、店内も細部にまで頑固にこだわり抜くといいます。


これまで受け継いできた“頑固なこだわり”を、より多くの人に伝えたい! そんな想いで期間限定オープンする『頑固あげポテト屋』の店主には、伝統的な歌舞伎の世界で役者としてのこだわりを体現している、歌舞伎俳優の中村獅童さんが就任! さらには、こだわりの“頑固系男子”が元気にお迎えしてくれるというウワサ。どんなお店になるのか気になりますね。

明かされていない6種の限定フレーバー!

工場直送のできたて頑固あげポテトの味を早く知りたい! ……ところなのですが、残念ながらまだ店舗限定の6種のフレーバーの詳細は発表されていません。うーん、『頑固あげポテト』ファンのみなさんは何味が登場すると思いますか? 勝手に予想してみましょう!

・中村獅童さんならではの味
店主の中村獅童さんがプロデュースしたフレーバーが出てくる可能性があるとしたら……。獅童さんといえば、自身でラーメンをプロデュースしたり、1日3食ラーメンでも構わないと言うほどの大のラーメン好き。“みそラーメン味”や“煮干しラーメン味”など、ラーメン味を提案しているかも? 旨味の強い『頑固あげポテト』に負けないフレーバーで、引き立て合いそうじゃないですか?

他には、母親が京都出身で薄味も好きという獅童さんなので、“和風だし塩味”とかも好きそう。

・今までの味の傾向から予想してみる
今まで発売されたフレーバーを見てみると“香ばし塩味”“甘辛おこげ醤油味”“九州うまくち醤油味”“のり塩”、ほかにも期間限定で“焼きのりわさび味”などがありました。さすが“頑固あげ”、どれも渋い! こだわりを持った頑固なおやじも納得しそうな渋い味ばかりです。

頑固おやじもつい手をのばしたくなる味、ぜひ、工場直送で食べたいですよね。個人的には“あごだし醤油味”とか“甘辛手羽先味”などが食べてみたいです、想像しただけでじゅるりとよだれが……。頑固おやじたちもお酒のつまみに欲しいはず。

絶対美味しいとは思いますが、“トマト&バジル”とか“ベーコンアスパラ”といったチャラチャラした洋風なフレーバーはちょっと嫌だな、となぜか思ってしまう『頑固あげ』。頑固親父が釜揚げしているイメージの渋い味であって欲しい!

そして限定フレーバーも気になりますが、お店で出迎えてくれるという“頑固系男子”も気になるところ。頼りがいのない男性に飽き飽きしている女性の皆さんは、会いに行ってみては?

<『頑固あげポテト屋』店舗概要>
期間:2015年11月9日(月)~11月15日(日) 7日間
住所:東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店 新宿本店1F

営業時間:平日 15:00~18:00(300食限定) 土日 13:00~19:00(600食限定)
※初日11/9(月)のみ 16:00~19:00 ※限定個数の配布が終わり次第終了

提供メニュー:頑固あげポテト屋 店舗限定フレーバー全6種から2種を選択
価格:無料

『頑固あげポテト』ブランドサイト:
http://koikeya.co.jp/gankoage/index.html

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP