ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Snapseed」がv2.1にアップデート、RAW現像が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google 提供の写真加工アプリ「Snapseed」が v2.1.0 へのアップデートで RAW 画像の読み込みと RAW 現像をサポートしました。Android 5.0 以上の一部の端末では RAW 撮影をサポートしていますが、RAW を読み込んだり、現象するには専用のアプリが必要です。Adobe Lightroom Mobile を利用すれば RAW 現像は可能なのですが、Google 純正アプリとなる「Snapseed」が対応したことで、より手軽に RAW データから現像できるようになりました。RAW 現像を行うには、アプリのギャラリーで RAW 画像を選択するだけです。DNG フォーマットなどの RAW データを読み込むと、Snapseed の編集ツールが RAW 現像用に変わります。露出やハイライト、シャドウなどの RAW 現像に必要なツールは全て揃っており、タッチとスワイプで補正できます。現像画面で「保存」をタップすると JPEG フォーマットで書き出されるので、あとは Google フォトにアップロードしたり、SNS に投稿するなどして利用します。元データはそのまま残るので、再度補正などを行えます。「Snapseed」(Google Play)

■関連記事
楽天モバイル、「AQUOS SH-RM02」「arrows RM02」「Desire 626」「Liquid Z330」「ZenPad 8(Z380KL)」「ZenPad 10(Z300CL)」を発売
ニフティ、MVNOで初の完全定額制通話し放題サービス「NifMoでんわ」を提供開始
任天堂、初のスマートフォンアプリ「Miitomo(ミートモ)」を発表、2016年3月にリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP