ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

疲れた心のデトックス! 賢いスマホとの付き合い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や私たちの生活に不可欠になったスマホ。
電車の中でもカフェにいるときでも、暇があればついつい触ってしまいます。でもいつのまにか、常にスマホを触っていることが当たり前になり、手放せなくなることに。ネットに夢中になりすぎてよく眠れなかったり、SNSに気を回しすぎて心が疲れたり……。
特にこれからの季節はどんどん日照時間が減っていき、鬱な気持ちになりやすいので、スマホのしすぎで緊張状態にある人は気をつけたほうがよいのだそう。
そうならないためにも、今のうちからスマホに入っている無駄なデータを断捨離して、依存している心をデトックスすることをおすすめします。

不要なウェブサービスを退会する

データの断捨離をするうえで、まずは不要なサービスを退会することが必要です。
そのなかでも厄介なのがメールマガジン。初めは購読していても次第に読まなくなり、ただメールボックスに溜まっていく……ということも。
もう読む必要がない場合は、「放っておけばいい」ではなく、潔く退会してしまう方が◎。
不要なメールでボックスをいっぱいにしてしまうと、本当に読みたい大切な人からのメールや仕事の連絡を見逃してしまう可能性があります。また、チェックしたいときにいらないメールばかり溜まっていたら、精神的にもストレスに。
仕事を効率的に進めるためにも、メールボックスのなかは必要最低限で整理して、無駄な労力はなくした方がよさそうです。

SNSをひとつにまとめる

最もスマホを触る原因になるのがSNS。FacebookやTwitter、instagramにTumblrなど、あらゆるSNSを一通り登録している人も多いはず。
しかし、あれもこれもと手を出していると、人とつながりすぎることや情報の多さによって疲れてしまいます。
そんなときに思い出したいのが、自分に合ったコミュニケーションの方法は人それぞれだということ。
リアルタイムで簡潔に現状を知りたいならTwitter、日記のような感覚で情報を共有したいならFacebook、共通の趣味をもった人とのコミュニティを作りたいならmixi……など自分のニーズに合う方法を選択すればいいのです。
「何となく流行っているから」と全部を取り入れるのではなく、必要なものを見極めるのが大人の女性。余裕ができた時間は、趣味や勉強などの有意義なことに役立てると自分磨きにもつながります。

週末の外出で電源オフ

スマホ依存の心のデトックスに最適なのは、使わない時間を作ること。
簡単なようで最も難しいことですが、まずは週末の数時間だけスマホを触るのをやめてみるのがいいかもしれません。
ポイントは時間で区切るのではなく、生活のなかで「○○しているときは使わない」と決めることです。たとえば朝ごはんの時間や外出するときなど。
一度手放してみれば驚くほど、持っていなくても充実して過ごせることが実感できるはず。大切な時間ほど、スマホに気を取られないよう五感を研ぎ澄ませていくことが大切です。

疲れたときはスマホとの付き合い方を見つめ直す

「最近やる気が起きない」「毎日同じでつまらないな」と感じている人は、スマホに依存して脳が疲れているのかもしれません。
疲れたときはスマホと距離をおいたり、断捨離したりして、ほどよく活用していく方がよさそうです。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「彼女とは別れるからさ」の嘘を見抜く方法
失笑を避けたいなら、そのセルフィーはいただけないわ #オネエ調べ
とことんゆったりがかわいい! ぶかぶかコートでトレンド感も細見えも叶う

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP