ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚しないアラフォー 独身を謳歌したがる男性が大いに影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 福山雅治(46才)、千原ジュニア(41才)、国分太一(41才)…芸能界では、独身を謳歌していたオーバー40の結婚ラッシュが続いている。そんな彼らにアラフォー独身男性からは「裏切られた」の声も上がるが、それもそのはず。

 世間では未婚者が増え続けている。生涯未婚率(50才時点で一度も結婚したことのない人の割合)は、男性20.14%、女性10.61%と年々増加。35才を過ぎて結婚できる可能性は、わずか数%とかなり難しい。

「現代は晩婚社会です。独身のままアラフォーになる人が男女ともに多い。女性は、アラフォーになると、子供を産む場合のリスクが高まります。すると、結婚の目的が子供ではなく、価値観が合うなど生涯のパートナーとしての結婚相手を選ぶようになる。だけど、なかなかそうした男性と巡り会えない」(恋人・夫婦仲相談所所長・二松まゆみさん)

 街コン、婚活パーティー、SNSなど、出会いの場や機会は数多いのになぜ結婚できないのか。それは、主に男性側に原因があると、作家の亀山早苗さんは話す。

「いちばん大きい理由として、アラフォー独身男性はおひとりさまを謳歌しています。だから無理に結婚しようと思わない。責任ある仕事を任されますし、給料をすべて自分のために使える。自転車やダイビングなどお金がかかる趣味を持つアラフォー独身男性は多い。

 でも、結婚したら、よほどの金持ちでない限り、家庭のために、その趣味はできなくなってしまう。周りの既婚者の友人からは、家庭の愚痴をさんざん聞かされる。楽しい独身生活を犠牲にしてまで結婚したいと思わないんです」

 そのため特定の恋人さえ作らない男性が多い。全国の35~44才の独身男性にインターネットでアンケートをとったところ、現在、恋人がいる男性はわずか15%にすぎなかった。また、男性の女性に対する考え方の変化も原因にあるようだ。

「母親に支配されて育ってきたアラフォー男性が多く、そうした人たちは、女性を恐れる傾向にあります。いわゆる毒母ですね。そのため、交際女性から母性が見えると、逃げ出してしまう。それどころか恋愛することさえ怖がる人もいます」(亀山さん)

 生涯3人以上の女性と交際したことのある男性は半数以下。結婚を考えた女性が1人もいない割合は4割を超えた。そんな彼らには識者からも心配の声が上がる。

「どういった老後を過ごしたいのか、このままだとどんな老後になるのかをしっかり考えましょう。自分がどんな結婚相手がいいのか、そもそも結婚したいのかが自然とわかってきます。独身のアラフォーの人たちは、まずそこから始めてください」(二松さん)

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オヤジ化するアラフォー女を分析した書 地雷ワードも紹介
独身女性35才5年後既婚率10% 40才以降5年間での結婚は1%
『女子をこじらせて』著書による独身女性を鼓舞する新エッセイ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP