ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大野球部 桑田氏薫陶や塾講師監督の選手集めで好勝負連発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 他に野球エリートが数多く集まる東京六大学野球のなかで、「最弱」といわれ続けた東大野球部が好勝負を連発して神宮球場を沸かせている。今年5月には連敗を「94」で止め、、9月19日に行なわれた対法大1回戦は5-2で勝利したのだ。東大野球部の特別コーチを2010年秋から務める元中日ドラゴンズの谷沢健一氏は、東大野球部の成長に目を細めてこう語る。

「全体練習は午前8時から昼まで。午後は個人練習です。僕は午後を中心に見ていますが、この個人練習の密度が濃くなりました。真っ暗になるまでティー打撃をしたり、野手がお互いにノックをしあったり。

 午後になって僕が行くと、これから講義に出るので3時からの練習でバッティングピッチャーをやってもらえますか、などといった“予約”が入る。ちょっとだけ覗いていくつもりが、暗くなるまで帰れないことが多いんですよ(笑い)」

 日本一の頭脳を誇る東大生が相手だけに、何事も論理立てての説明が必要。まずは納得させないといけない。ただ闇雲な練習にはついてこないという。

「ただ、基本を理解させて練習の意味に納得すれば、素振りだろうがノックだろうが、何千回でも受け入れる。頭で分かっていることが体に浸透するまでには時間がかかってしまいましたが、今はスイングも鋭く、打球も強くなりましたね」(谷沢氏)

 投手陣に関しては、2年間特別コーチに招いた桑田真澄氏の薫陶も寄与している。桑田氏の指導で、投手たちがピッチングの組み立てを意識し、相手に打ち込まれなくなったのが大きいという。

 東京六大学の黎明期、東大には伝説の投手が存在した。1927年春の立大戦でノーヒット・ノーラン(東大では唯一)を達成した東武雄投手である。

 東の卒業後は一気に弱体化。1933年から1938年には連続10シーズン最下位となり、戦後は1950年から14シーズン連続と「万年最下位」の道を歩むようになった。途中、法大・江川卓に初めて土をつけたり、1981年には史上初めて早大と慶大から勝ち点をマークして“赤門旋風”といわれた時期もあったが、他の私大が推薦枠などで有望な選手を集めるようになった80年代後半以降は力の差が歴然となっていき、1987年秋から1990年秋までにはなんと 1 勝100敗の記録まで樹立。その後も低空飛行が続く。

「これではいけないと、東大OBで、現在の浜田一志監督が2012年の就任以来、独自の選手集めをしてきました。塾講師の経歴を生かして東大志望の選手を対象に勉強を指導、夏には合宿も行なって入試合格者を増やしてきたんです。その成果がようやく表われ始めている」(スポーツ紙アマチュア担当記者)

 東大野球部の寮は『一誠寮』という。寮には看板が掲げられているが、よく見ると誠の字の最後の一画「ノ」が欠けている。これは初代野球部部長の長與又郎氏が書き損じたものだったが、優勝したら書き加えようということになったといわれている。

「誠」の字が完成するその日は近いのか。OBならずとも興味は高まる。

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
連敗続く東大野球部「今の野球は正直すぎる」と早大野球部OB
60連敗を止めた京大野球部と36連敗中の東大 どっちが強い
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP