ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10歳少女の「超絶ギターテク」に、海外から大絶賛の声(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。

ここで紹介するのは、彼女がアメリカのプグレッシヴメタルバンド「ドリーム・シアター」の楽曲を演奏している動画。その難易度の高さはギタリストなら誰もが知るところですが、涼しい顔で弾いてくれちゃってます。

10歳の少女が見せた
"速弾きテク"が凄すぎる!

「ドリーム・シアター」は難解な楽曲が多いことで知られています。簡単そうに見えて分かりづらいのですが、彼女が演奏している『Lost Not Forgotten』は、その中でも特に難しいと言われているもの。

演奏しているのは「Li-sa-X(リーサーX)」ちゃん。そのネーミングがヘヴィメタルバンドの「レーサーX」からもじられているあたり、ギタリストのポール・ギルバートに対する愛情が感じられます。

しかも、彼女にとってはこれが初めての動画出演ではありません。以前にもYouTubeに登場しており、その時はまだ8歳。ですが、すでにレーサーXの代表曲『Scarified』をさらっと演奏。海外からも大きな反響を呼んでいました。

スイープやタッピングなど高度な技術をフル活用していますが、どうやら7歳の頃には基礎をマスターしている様子。驚異的です。

彼女が演奏した『Lost Not Forgotten』のYouTubeページにはこんなコメントが。

「わお!弾きながら笑ってる。いい仕事だ」

「ギターを続けろ!お前は演奏するために生まれてきたんだ!ジョン・ペトルーシも興奮しているに違いない」

「指の長さって関係ないんだね」

「子供がドリーム・シアター弾いてる…」

動画の再生回数は合計で500万回近くに及んでいます。これからどんなギタリストに成長していくのでしょうね。将来有望な彼女の今後に注目です!

Licensed material used with permission by Li-sa-X

関連記事リンク(外部サイト)

天才たちの「仕事部屋」!エジソン、ピカソ、アインシュタイン、一番汚かったのは・・・
ギターに貼るだけで、音が打楽器やシンセサイザーに!?すごいシールが登場
Youtubeに投稿された「両腕のないギタリスト」の歌に世界中の心が動いた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP