ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毒蝮三太夫の47年続くラジオ中継に密着 現場トークはアドリブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毒蝮三太夫(79)の「ジジイ」「ババア」の毒舌が冴え渡るラジオ番組『ミュージックプレゼント』(TBSラジオ)の中継に密着。番組開始からちょうど47年目に突入した10月6日の中継で、毒蝮は「最初は緊張でマイクを持つ手が震え、冷や汗をかいていたよ」と、回想を漏らした。

 毒蝮は毎朝9時過ぎに東京・赤坂のTBSを出発。車内でディレクターと簡単な打ち合わせをするが、現場のトークはアドリブだ。

 毎週水曜日は銭湯から中継。この日は東京・墨田区の大黒湯から。放送が始まると、ハイタッチしながら全体を一周。元気な老人になる秘訣を聞くと「歩く、笑う、しゃべるが大事」と話した。

 中継先の酒店・伊勢五本店(東京・文京区)の店員たちと記念撮影。放送中も、「宣伝したいことあるか?」と気遣いを見せる毒蝮。

 ちなみに、毎回サインには1枚1枚違う言葉を綴っている。「ウルトラマンのファン」と聞き、アラシ隊員役の毒蝮がイラストも付けた。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由
有吉弘行は毒蝮三太夫を毒舌の手本に フォロー忘れぬ姿勢も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP