ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はなわ 妻が激怒するため3人の息子と共に家では座りション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あなたは家のトイレで小便をする時、立ってしますか、それとも座ってしますか? 近年は、「家では座りション」という男性が増えているという。今年3月にライオンが発表した調査では、38.0%の男性が「座りション」派で、2008年の26.8%から急増している(「掃除行動実態調査」)。
 
「僕だけじゃなく、3人の息子も座りション。妻に“座ってするように”と口酸っぱくいわれているので、逆らえないんですよ。やっぱり立ってすると、どうしてもハネて便器の外に飛び散ってしまうので、妻に激怒されてしまいますから……」
 
 そう話すのはお笑い芸人のはなわ(39)だ。長男の元輝君が中学柔道全国大会で3位に輝くなど、子供たちは“柔道3兄弟”として知られるが、柔道一家の屈強な男たちもトイレでは“立ち技厳禁”だ。
 
 座りション派急増の背景には、掃除をする妻からの“強い要望”があると考えられる。もう男は立ってするのが当たり前という時代ではないのだ。フリーアナウンサーの梶原しげる(65)は、「座り続けて40年」になるという。
 
「座ってするほうが妻に感謝されるんですよ。私の友達がウチに来た時は立ってするから、帰った後で妻が“お掃除が大変”ってこぼすんです。そして、“あなたは座ってくれるから、ありがたい”って。座って小用をすることは、妻を、家族を愛するということです」
 
※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自宅トイレの“座りション男性” 5年間で9.7%増加する
座り小便男急増に30代男「朝は角度を工夫しないと無理無理」
立つか座るかの大問題 男性に自粛求める警句の数々を分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP