ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「夫婦の適度な距離感」が重要? 定年退職者の「住み替え需要」に応える住宅メーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高度成長期の恩恵を被った世代が、リタイア後に「住み替え」をするケースが増えているようです。定年退職後の自由な時間は約10万時間で、「平均的なサラリーマンの定年までの労働時間とほとんど同じ」とのこと。意外と長いのですね。

長い時間を夫婦円満に健康で暮らせるよう、ハウスメーカーは高齢者向け住宅の開発に力を入れています。UR都市機構は10月20日、60歳以上を対象とした「健康寿命サポート住宅」を公開。同日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、この様子を紹介していました。
ベッドの間を家具で仕切り、居間に格子戸を設ける

内覧会の見学者はすべて高齢者で、余興では落語が催されて大好評。内装は病気やケガを未然に防ぐ作りが特徴で、手すりをつけて転倒を防止するほか、ゆっくりと開閉する玄関のドアや、分かりやすく色をつけた段差も備えています。

風呂場は温風が出るしくみで、温度差で急激に血圧が上がり心筋梗塞などを起こす「ヒートショック」を防ぎます。UR都市機構の瀬良理事は「元気で暮らし続けてもらえる住宅を作っていくべき」と語り、今後も高齢者向けの住宅づくりに力を入れるそうです。

積水ハウスが開発を進めるのは、夫婦二人暮らしの「適度な距離感」を意識した住宅。モデルハウスは閑静で緑豊かな空間に建つ平屋建てで、「いつも一緒にいると疲れるが個室に分かれるのは不安」というお客さんの声に応えた工夫がなされています。

寝室は「ゆるやかにつながる」がテーマで、ベッドの間を大きな家具で仕切り、お互いに別のことをしていても、それを妨げない作り。完全に仕切るわけでもなく、同じ室内でも少し境界線をつくり「距離感」をとっています。

夜、不安なことがあった場合も夫婦がすぐに声を掛け合えるよう、顔の近くに開閉できる引き戸がありました。居間も格子戸に仕切られており、「別のことをしていても互いの気配はなんとなく感じられる」のが売りだとか。
次世代は「生涯現役」を目指すしかない

番組を見た感想としては「定年したら適度な距離感が必要になるんだなあ」ということで、苦笑いしてしまいました。夫は家庭を顧みず会社に通い、妻ともあまり顔を合わせていなかったのだから、急に一緒の時間を過ごせと言っても無理な話なのですね。

また、こうした住み替え需要は、現在のお金を持っている高齢者に限ったものだろうと思いました。定年や年金支給年齢が引き上げられている現役サラリーマンの多くは、歳をとっても長く働かなくてはならず、自由な時間が長いとは考えにくいもの。高額な退職金も期待できず、住み替える余裕のある人が多いとも思えません。

高齢者向け住宅はうらやましいような気もしますが、いまの世代は「生涯現役で頑張る」くらいの心づもりでいた方が良さそうです。そうすれば、わざわざ居間に格子戸を設けなくてもいいのですから。(文:篠原みつき)

あわせてよみたい:岡本夏生が北斗・健介の夫婦愛に感銘
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。