ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SPYAIRが僅差でMAN WITH A MISSIONを破りビルボードアニメチャートを制覇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月21日発売の新曲が多数ランクインした今週のビルボードアニメチャート。そんな中、今週1位となったのはSPYAIRによる「アイム・ア・ビリーバー」(『ハイキュー!! セカンドシーズン』オープニング曲)。先週の8位から一気にジャンプアップし、先週1位のMAN WITH A MISSIONを僅差で交わして頂点に立った。その最大の推進力となったのはCDセールスで、アニメチャート中1位。またルックアップも1位となり、フィジカル指標の活躍が際立った。その他、ラジオ4位、デジタル3位、Twitter 2位とバランス良くポイントを稼ぎ、後続との差を守り切った。

 今週2位となったMAN WITH A MISSION「Raise your flag」(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニング曲)は、発売2週目を迎えCDセールスは落ち着いたものの、デジタルセールスが1位と絶好調、勢いを維持した。また、今週3位となった乃木坂46「今、話したい誰かがいる」(映画『心が叫びたがってるんだ。』主題歌)は、先週10位からこちらもジャンプアップ。特に、Twitterは今週1位で、10月28日のCD発売に向けて話題性を高めている。先行配信しているデジタルセールスも2位、さらにラジオも2位と好調で、次週の首位はほぼ確実だ。

 先週3位だったKEYTALK「スターリングスター」(『ドラゴンボール超』エンディング曲)は今週11位にランクダウン。ただ、ラジオは1位と依然好調で、こちらが勢いを維持し、他の指標に跳ね返れば、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」のようなロングヒットになるかも知れない。

関連記事リンク(外部サイト)

11月2日付 Billboard JAPAN HOT Animation
Hey!Say!JUMP「キミアトラクション」、2PMとサカナクションを押さえビルボード総合首位獲得
嵐『Japonism』 断トツのポイントでトップに、『スプラトゥーン』のサントラが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP