ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐『Japonism』 断トツのポイントでトップに、『スプラトゥーン』のサントラが続く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルバム複合チャート“Hot Albums”第22回目は、嵐『Japonism』が他を寄せ付けないポイントを叩き出し1位を獲得した。

 『Japonism』は、10月21日にリリースされた嵐の通算14枚目となるオリジナルアルバム。デジタルのポイントはないものも、セールスで驚異的なポイントを積み上げ、さらにルックアップでも首位となり総合No.1の座を射止めた。また、11月2日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”でも80万枚超えるセールスをあげての1位になっており、見事2冠に輝いた。ルックアップで高いポイントを上げていることから今後ロングチャートインが予想される。次週以降のチャートアクションに注目したい。

 2位には、Wii U用ゲームソフト『スプラトゥーン』のサントラ盤『Splatoon ORIGINAL SOUNDTRACK-Splatune-』が入った。セールス2位、ルックアップ2位としっかりポイントを稼いでNo.2に。全世界で100万本以上販売されている人気ゲームの音楽もユーザーに響いていることがわかる。3位、4位には、キュウソネコカミ『人生はまだまだ続く』、ザ・クロマニヨンズ『JUNGLE 9』とパンド勢が続いてチャートイン。DREAMS COME TRUEのコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』は先週から順位は落としたが5位に入りTOP5をキープしている。

関連記事リンク(外部サイト)

11月2日付 Billboard JAPAN HOT Albums
Hey!Say!JUMP「キミアトラクション」、2PMとサカナクションを押さえビルボード総合首位獲得
ポップで美しい旋律を奏でるレオ・セイヤーの声に酔い痴れる晩秋の夕べ。今宵は“七色の声”に心から魅了されて。

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。