ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ウィークエンド 遂に6週目の米ビルボード・シングル・チャートNo.1に、ドレイクは先週に引き続き2位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ザ・ウィークエンドの「ザ・ヒルズ」が、通算6週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 2位に停滞中、ドレイクの「ホットライン・ブリング」が、今週こそは入れ替わりで首位に到達するかと思いきや、引き続き、ザ・ウィークエンドの「ザ・ヒルズ」がNo.1をマークし、自己最高の6週を記録した。「ホットライン・ブリング」が首位になるだろうと予想されていたのは、この曲のビデオが公開されたばかりで、ストリーミング・ポイントの上昇により、ザ・ウィークエンドの記録を破るであろうと思われていたからだ。

 しかし、ビデオはアップル・ミュージックでの公開のみにとどまり、YouTubeでアップされたのは26日からであったため、米ビルボード・チャートのストリーミング・ポイントに換算されていない、アップルの視聴回数はポイントに繋がらなかった。戦略ミスといったところか、アップル・ミュージックで先立って公開したことで、YouTubeでの視聴回数の伸び率もやや悪く、次週のポイントには大きく反映しないかもしれない。さらに次週は、すでにNo.1デビューするであろうという曲が、現時点で決まったも同然のため、ドレイクの5年ぶりとなる首位獲得は、難しい状況にある。

 次週首位デビューが予想されているのが、11月25日に3rdアルバム『25』をリリースする、女王アデルの復帰シングル「ハロー」だ。アルバムからの先行シングルとしてリリースされ、22日から公開されたビデオは、すでに8000万回視聴を突破、1週で1億回に到達することは間違いないだろう。エアプレイのパワープッシュもあり、デジタル・セールスと合算すると、次週はこの「ハロー」が首位で初登場することは、間違いなさそうだ。1000万枚を突破した前作『21』から、およそ5年ぶりの新作ということもあり、ファンの期待の高まりが、数字にも反映している。

 アデルの新作『25』の1週前にリリースされる、ワン・ダイレクションの5thアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』から、2ndシングルとしてカットされた「パーフェクト」が、今週10位に初登場した。16日からデジタル配信がスタートし、20日にはビデオが公開、1000万回視聴を突破した。テイラー・スウィフトの「スタイル」のマッシュアップ動画も話題となり、自身6曲目のTOP10入りを果たしたが、アルバムのNo.1獲得は、ジャスティン・ビーバーの新作『パーパス』と同日リリースということで、確実視はできない状況だ。

 そのジャスティンの新作からも、2ndシングルとして「ソーリー」がリリースされたばかり。曲に合わせて女性ダンサーがパフォーマンスするダンスビデオが、公開5日で3000万回視聴を記録している。前曲「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」(今週3位)が、初のNo.1獲得を果たしたばかりということもあり、勢いに乗っているジャスティンに、4人編成となった1Dがどう挑むのか、リリースまでの両者の動きに注目したい。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

11月7日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
11月7日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Album Review: 全米No.1ソング含むザ・ウィークエンドの2ndアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』がついにリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP