ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「最後の晩餐」にファストフードが!?名画を現代風にしたアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロといえば、言わずと知れたルネッサンス期の偉大な芸術家。

今でも世界屈指の人気を誇る彼らの代表作を、現代風にアレンジしてみたら?

そんなユニークなことを考えたのはアメリカ人写真家、Freddy Fabrisさん。

彼の手にかかると、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はこんなふうに!

登場するのは、なぜか自動車整備工の人々で、晩餐に食べているのはインスタント食品やファストフード!

カップラーメンを選ぶとは…と思いつつ、なかなか美味しそうな気もしてしまう。

ミケランジェロの「アダムの創造」は…

アダムに命を授けるはずの神の手にあるのは、工具の「スパナ」。

レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」は…

車を解体する様子を説明する、ベテラン整備工になってしまう。

他にも、レンブラント風の肖像画なども写真で再現。

こうやってみると、あの荘厳な名画に親しみが湧くのはとても不思議。

他にもFabrisさんは、ハイクオリティな広告アートなどを多数発表しているので、ぜひチェックしてみて。

Freddy Fabris
http://www.fabrisphoto.com/

名画(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP