ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハルカトミユキ、第10弾新曲リリース&47都道府県ツアー年内に中国・四国公演が急遽開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハルカトミユキの「毎月新曲発表」マニフェストの第10弾Song#10となる新曲「new moon」が、本日より配信開始となった。また、リリックビデオも公開された。

新曲「new moon」は、「これは怒りの涙だ」「目を覚まして!」「助けて!」と弛緩した自らに向けて、強烈に覚醒を促す、絶叫のメッセージ・ソング。野音のステージという巨大な壁に向かうドン・キホーテ=ハルカとミユキの、ギリギリの不安と絶望、期待、開き直り、覚悟と決意がないまぜになって詩となったこの曲は、脱出と救済の歌でもある。荒々しく一線を超えてしまったかのような、感情剥き出しの歌となっている。

繊細なアコースティック・ギターのアルペジオを轟音ギターが切り裂いていく、デビュー曲「Vanilla」以来のハルカトミユキの定番サウンドでありながら、荒々しくも無骨、そして、ドラマチックに破綻していく様は、ハルカトミユキの次期を予感させるロックナンバーだ。

なお、ハルカトミユキの2人が「人生を掛けて臨んだ」東京・日比谷野音フリーライブ’ひとり×3000’が10月3日に開催。楽曲はライブの準備に忙殺され、本番へ向かい緊張の高まる中、書きおろし、リハーサルと並行してレコーディングされたという。

リリックビデオには、2015 Song #2「嘘ツキ」以来2度目となる、新進気鋭の女優・打越梨子を再起用。月明りや太陽の光が差しこむ中、ベッドに横たわり続けもがき苦しむ姿が、丸1日かけて撮影された。サスペンス映画の冒頭シーンを思わせる字幕と、美しく静謐な質感が印象的な1本となっている。

また、ハルカトミユキは野音のステージ上で、1年後の9月24日に再び野音に帰ってくること、そしてそれまでに全国47都道府県を巡るツアーに出ることを約束。早くも、来年2月にバンドでの東名阪公演が発表されていたが、それを待たずして、年内にも中国・四国公演が急遽決定した。高松・岡山・広島・米子・松江と巡る。「来年が待ちきれないから、年内から旅に出ることにした(ハルカ)」とのことで、ハルカトミユキにとっては、初めてのライブとなる箇所ばかり。

さらに、もうひとつの約束として、野音ライブをパッケージ化が決定、その詳細が発表された。野音公演本編全14曲を収録した配信限定アルバムが12月23日にリリースされる。そして、配信ライブアルバムと同時に、野音ライブ来場者参加企画も発表。異例の録画・撮影フリーだったこの公演で、各々が記録した動画や写真をハルカトミユキ宛てに送ってもらい、この日アンコールで初披露された新曲「LIFE」のミュージックビデオを作成する。企画にはもう一度、ひとりひとりの想い出を持ち寄って、1つの作品が完成する姿を見てみたい、という願いが込められている。

あなたの切り撮った10/3のLIVEが新曲「LIFE」のミュージックビデオに!動画&写真投稿募集!詳細はこちら
http://harukatomiyuki.net/news_detail/70779

「new moon」Lyric Video

配信情報

「new moon」
2015年10月28日(水)配信スタート
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/new-moon-single/id1048926955?app=itunes&at=10lpgB&ct=4547403042030_wn
レコチョク:http://recochoku.jp/artist/30292084/
mora:http://mora.jp/artist/358766/m

配信限定ライブアルバム
ハルカトミユキ/ひとり×3000 LIVE at 日比谷野外大音楽堂20151003
2015年12月23日(水)配信スタート
本編全14曲完全収録
1.Vanilla 
2.世界 
3.ドライアイス
4.春の雨
5.シアノタイプ
6.嘘ツキ
7.ニュートンの林檎
8.バッドエンドの続きを
9.振り出しに戻る
10.tonight 
11.肯定する 
12.火の鳥 
13.青い夜更け 
14.宇宙を泳ぐ舟

ツアー情報
LIVE TOUR 2016 ‘LIFE’
<Acoustic>
2015年12月17日(木)香川 高松SPEAK LOW 日(w/宇宙まお)
2015年12月18日(金)岡山 城下公会堂
2015年12月19日(土)広島 音楽喫茶 ヲルガン座
2015年12月22日(火)鳥取 米子laughs 日(w/未定)
2015年12月23日(水・祝)島根 松江canova 日(w/homme)
<Band>
2016年2月06日(土)東京 赤坂BLITZ
2016年2月20日(土)大阪 umeda AKASO
2016年2月21日(日)名古屋 APOLLO BASE
<TOUR FINAL/Band>
2016年9月24日(土)東京 日比谷野外大音楽堂
公演詳細はこちら:http://harukatomiyuki.net/live_detail/70599

関連リンク

ハルカトミユキ オフィシャルサイトhttp://harukatomiyuki.net/
ハルカトミユキ Facebookhttp://www.facebook.com/Harukatomiyuki
■Twitter バンドhttps://twitter.com/harukatomiyukio
■Twitter ハルカhttps://twitter.com/harukatomiyuki
■Twitter ミユキhttps://twitter.com/jyuririri
■ハルカトミユキ YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/user/harukatomiyukiSMEJ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP