ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八代亜紀、東京国際映画祭にてタイタニック主題歌&アルバム収録曲を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©2015TIFF
八代亜紀が、10月27日、第28回東京国際映画祭にてフリーコンサート「CINEMA MUSIC JAM produced by J-WAVE」に出演した。

このイベントでは、映画を愛するミュージシャンがジャンルを超え東京・六本木ヒルズアリーナに集結。TOKU(ヴォーカル/フリューゲルホーン)、溝口肇(チェロ)、サラ・オレイン(ヴォーカル/ヴァイオリン)を中心とした実力派ミュージシャンのレギュラー出演に加え、日替わりでスペシャルゲストが登場。八代亜紀は2日目に登場した。

©2015TIFF
八代亜紀は、生バンドをバックに青いきらびやかなドレスに身を纏いステージにあがった。まずはじめに披露したのは、映画『タイタニック』のテーマで有名なセリーヌディオンの「My Heart Will Go On」。優しく語りかけるように歌い始めた八代は、サビになると伸びやかに声量たっぷりの八代節を存分に披露し会場を沸かせた。

次に歌唱したのは、10月28日に発売になるブルースアルバム「哀歌-aiuta-」に収録されている「Sweet Home Kumamoto」。映画『ブルースブラザーズ』のワンシーンで使用された「Sweet Home Chicago」のカバー曲で、「くまモン」や「新幹線さくら」など八代亜紀の地元熊本に関するワードが随所に散りばめられた楽しい楽曲である。

MCでは「哀歌(あいうた)はブルースでほんとに良いアルバム。中には哀しい歌、どん底に苦しい歌が入ってる。なぜか?聞いた人がもっと幸せな人がいるって思えるから。それが哀歌、ブルース。よろしくね。」とニューアルバムのPRも行った。

そして、最後に披露したのは自身の代表曲であり高倉健主演の映画『駅-STATION-』挿入歌にもなっている「舟唄」。今回は特別にジャズバージョンで披露。八代自身も生バンドとのセッションを楽しんだ。演歌歌手の枠を超えたジャンルレスな活動を続ける八代亜紀の魅力が十分堪能できるライブであった。

八代亜紀のニューアルバム「哀歌-aiuta-」は、10月28日発売。プロデューサーに寺岡呼人を迎えた今作は、八代亜紀が歌い続けてきた日本人の心「歌謡ブルース」とアメリカの心を歌い継いできた「BLUES」のジャンルを超えた二つのブルースのカバー曲に、THEBAWDIES・横山剣(CRAZYKENBAND)・中村中提供の新曲を加えた初のブルースアルバムとなっている。

このアルバムの発売を記念して、11月17日には3年ぶりの「Blue Note Tokyo」公演、12月19日には東京国際フォーラムホールCでの公演が控えている。

セットリスト(八代亜紀出演部分)
M1.「My Heart Will Go On」(セリーヌディオン)
※映画『タイタニック』のテーマ
M2.「Sweet Home Kumamoto」
※映画『ブルースブラザーズ』挿入歌「Sweet Home Chicago」のカバー曲
※10月28日発売ニューアルバム「哀歌 -aiuta-」収録曲
M3.「舟唄」(ジャズバージョン)
※映画『駅-STATION-』挿入歌

リリース情報

アルバム 「哀歌-aiuta-」
2015年10月28日(水)発売
COCP-39274 3,000円+税

ライブ情報
アルバム「哀歌-aiuta-」発売記念スペシャルライブ
2015年11月17日(火)​ブルーノート東京
※1日2公演

関連リンク

八代亜紀 LABEL OFFICIAL WEBSITEhttp://columbia.jp/aki/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP