ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハム、ベーコン、ソーセージの発ガン性リスクについて、WHOが調査した結果・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に驚いた人もいるのでは?この報道に、加工肉を愛する欧米諸国のメディアは、悲壮感にも近いコメントを寄せている。

 タバコと同じレベルの発ガン性?

「アメリカ人のベーコンへの執着は、想像以上に不健康なのかもしれない」
Washington Post

「アメリカ人にとって、最悪なニュース」
National Public Radio

「専門家は、ベーコンが喫煙と同じ脅威だと主張している」
The Telegraph

「ベーコンラバーの皆さん、パニックになる必要はない」
Slon.com

「加工肉がガンを引き起こす。WHOの発表にTwitterが炎上中。『なあ、ベーコン。どうしたっていうんだ?』」
RT

「発ガン性が十分に認められ、大腸ガンのリスクも懸念する必要がある」。WHOの外部組織「国際ガン研究機関(IARC)」が公表した調査結果は、一夜にして世界に衝撃を走らせた。
加工肉が喫煙による危険性と同じ“ステージ1”に指定されたからだ。さらには、牛、豚、羊、クジラなど赤肉にも、「発ガン性の恐れがある」として“ステージ2”に。

そもそも、WHOが定義している加工肉とは、製品として風味を高め、長期保存を可能にするために、加塩、硬化、発酵、燻製あるいは、他のプロセスを介して処理された肉のこと。言わずもがなベーコンだけにあらず。ハム、ソーセージ、コンビーフ、ビーフジャーキー、さらにはミートソースなど肉を含んだソース類。どれも、日頃から日本の食卓にもあがる慣れ親しんだ食品だ。

毎日50gで18%のリスク増
食べ過ぎには注意が必要

IARCの専門家らによると、加工肉を毎日食べ続けた場合、50グラムごとに大腸ガンのリスクが18%上昇していくと結論づけた。

「加工肉の消費が少なければ、大腸ガン発症のリスクも小さなものですが、消費量によってその危険性は高まっていきます」

調査にあたった研究員Krut Straif氏のコメントを掲載した「The Gurdian」。加工肉や赤肉の多量摂取が、大腸ガン発症の原因となっていることを説いてきたオックスフォード大学の免疫学者、Tim Key教授の研究を引き合いに出して、過度な消費を見直すべきとの姿勢をとった。
WHOも、「加工肉を消費する多くの人々のためにも、発ガンのリスクに関する報告は、公衆衛生上からも重要なものだと考えている」との見解を公示。いっぽうで、肉類を食べることによる健康上のメリットにも触れている。

 早くもベーコンに変わる
代用食材の話題まで

年間一人あたり平均8.1キロを食す、ベーコン大好きアメリカ人。今回の結果に悲観的な報道も見られるものの、メディア「UPROXX」には、すでにこんな対策案が登場している。

「ベーコンを食べないという選択肢の方が懸命なのかもしれない。でも、大丈夫。最近発見されて話題となっているベーコン味の海藻(ダルス)で代用すれば、ヘルシーだし、この先いくらでもBLTサンドを楽しむことができる」

もちろん、これらは国外の事情。日本人の一般的な消費レベルでは、何も不安がることはないはず。ただし、何事もほどほどに。それが健康的な食習慣のベースなのだから。

Reference:WHO , The Gardian ,UPROXX

 

関連記事リンク(外部サイト)

かき氷よりもコレ!真夏に飲みたい「グレープフルーツのスムージー」
「海苔を消化できる」のは、日本人だけ!では、外国人は…?
アボカドで「一番栄養ある部分」を、アナタは捨てている・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP