体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィリピン、セブ島の治安は大丈夫? セブ島安全旅行ガイド

生活・趣味
Photo credit: Takenobu Matsuo「元フィリピンセブ島住人の国内旅行記録 セブ島周辺」

Photo credit: Takenobu Matsuo「元フィリピンセブ島住人の国内旅行記録 セブ島周辺

TRiPORTライターのRenaです。
日本から約5時間と気軽に行ける距離にある美しい海辺のリゾート、フィリピン・セブ島。
海辺でのんびりするも良し、ダイビングが好きな人なら有名なダイビングスポットもあり、海好きな人には大人気のリゾート地です。
治安が悪いと言われるフィリピンですが、観光地として栄えているセブ島は比較的治安は良いといわれています。
しかし、やはり日本とは違いますから、楽しく安全に旅を楽しむためには、最低限の注意事項は押さえておきましょう。セブ島の治安と、注意点、緊急連絡先等をまとめました。

フィリピン・セブ島基本情報

Photo credit: Eugene Alvin Villar CC-BY-SA-3.0 via Wikimedia Commons

Photo credit: Eugene Alvin VillarCC-BY-SA-3.0]via Wikimedia Commons

島の大きさ

セブ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、南北に225kmにわたって伸びる細長くて大きな島です。面積は4422平方km。周囲はマクタン島、バンタヤン島、マラパスカ島、オランゴ島など小さな島々に囲まれています。
全島とその属島がセブ州で、島の東海岸中央部にある人口72万の州都セブ、マンダウエ市をはじめ6つの都市があり、フィリピンの首都マニラに次ぐ大都市圏です。

気候

セブ島の年間平均気温は26℃~27℃位でとても温暖な気候です。
雨季と乾季に分かれており、6月〜12月位が雨季、1月〜5月位が乾季にあたります。
旅行のベストシーズンは乾季にあたる2月〜4月くらいです。この時期はほとんど雨は降りません。海も穏やかで、セブ旅行をするには最高のシーズンになります。
また、雨季とはいっても、日本の梅雨のように朝から晩まで雨がずっと降っているわけではなく、1日のうちのどこかでスコールが降るくらいのことが多く、それ以外の時間帯は太陽が出ていることが多いです。
実際に9月〜11月位は雨季とはいえ、スコールを除いてはほとんど雨が降りません。また地理的にも山岳地域でないマクタン島はセブシティと比べて降水量も少なめです。そのため、旅行の日程が雨季にあたっていても、それほど気にする必要はありません。

島の紹介

Photo credit: Evans CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会