ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田聖子の名付け親の霊能者 キラキラネームつける親に提言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 愛知県名古屋市を拠点に50年近く霊能者として活動する沖紘子さんは、「名古屋の神様」として芸能界や政財界でもよく知られる存在である。松田聖子や早見優などの名付け親であり、寺島しのぶも芸名の相談をしたという。

 いわば命名のスペシャリストである沖さんは、世界でひとつの名前だから、かっこいいから…そんな理由から子供にキラキラネームをつけてしまう人や、ひらめきでパッと名前をつけてしまう人に対し、こう話す。

「犯罪や事件に巻き込まれている子供たちの名前を見ると、すごく生命力が弱かったり、その子の親が感覚でつけた名前だということがすぐにわかります。

 名前は子供の人生をある程度決めるもので、単なる符号ではありません。名前自体に生命力があります。ですから子供に名前をつけるときは、持って生まれた能力を引き出し、よりよい人生を導いていく名前をつけてあげないと」

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松田聖子の名付け親女性「子供にはよりよい人生導く命名を」
「名古屋の神様」 百恵超える名前を依頼され松田聖子と命名
キラキラネーム女性「好きだが自分の子の名は慎重に考える」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。