ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】「豊作貧乏」の過酷な宅配現場で働いた著者潜入ルポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン』横田増生著/小学館/本体1400円+税

【著者プロフィール】横田増生(よこた・ますお):1965年福岡県生まれ。関西学院大学卒業。物流業界紙を経てフリーに。著書に『ユニクロ帝国の光と影』(文春文庫)、『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』(朝日文庫)、『評伝ナンシー関 「心に一人のナンシーを」』(朝日文庫)など。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 ネット通販が急増し、今や宅配は欠かせぬ社会インフラとなった。だが、立場の強いネット通販業界から運賃叩きを受け、〈豊作貧乏〉状態にあるのが実態だという。

 その皺寄せは荷物の仕分けや配送の現場にくる。そこに潜入して自ら労働を体験し、現場を生々しくルポしたのが本書だ。ちなみに著者は、以前アマゾンジャパンの物流倉庫で潜入労働し、厳しいノルマとコンピュータによる徹底管理を白日の下に晒した実績がある。

 今回著者は、ある物流ターミナルで働いた。勤務時間帯は午後10時から朝6時までの夜勤。その時間帯に仕分けが行われるからこそ、今日注文した荷物が翌日配送されるのだ。

 時給1275円で、働く人の半数程度がアジア系外国人だった。ある時間になると荷物が急増し、現場は目が回るほど忙しくなり、管理者の怒号が飛んで殺伐とした雰囲気になる。

 そんなとき、荷物の箱に貼られた「天地無用」「ワレモノ注意」「ナマモノ」など、扱い方に注文を付ける様々なシールを見ると、神経を逆撫でされたという。

 著者は家庭などに荷物を届ける集配車にも同乗し、何人ものドライバーを取材した。

「時間指定」「クール便」「代金引換」などサービスメニューが増えて仕事が細かくなり、一方共働きが増えるなどして再配達も多くなったため、ドライバーの多くは月に数十時間のサービス残業を強いられる。

 車を止めて食事をする余裕はほとんどなく、運転しながらバナナなどをくわえて食べることが多い。社会インフラはぎりぎりのところで成り立っている状態なのだ。

 ワンクリックで荷物が届く便利な世の中だが、荷物も人もワンクリックで動かない。ネット時代の労働の過酷さを思い知らされる。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
音楽家が原発労働者を訪ね歩いて知られざる現実を記したルポ
宅配業者パンク寸前 どの荷物優先させるか考えるのも一苦労
東日本大震災の被災地に足を運んだ者が見た現実が詰まった本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP