ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋だからこそリアルに着られる「ネイティブ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海や山などのイベントを連想させ、どうしても夏っぽい雰囲気になりがちなネイティブファッション。春夏から引き続き、じつはこの秋になってもまだまだ人気なんです。
本格的に寒くなる前のいまの季節だからこそ、楽しめるアイテムも多いので、ぜひいまの季節に楽しんでみては?

ポンチョで取り入れる

A photo posted by Ungrid official instagram. (@ungrid_official) on Oct 24, 2015 at 6:02pm PDT

本格的な冬になると風を通すので少し寒く感じられるポンチョは、いまの季節だからこそ楽しめる、季節限定アイテム。オフの日に秋の海にドライブに行くスタイルにもぴったり!
ボルドーやネイビーなどのこっくりとしたカラーが、秋の気分を高めてくれます。
ポンチョを着るときは、「ヘアはコンパクトに」が鉄則です。

長く着られるロングガウン

A photo posted by Ungrid official instagram. (@ungrid_official) on Oct 21, 2015 at 3:44am PDT

季節限定のアイテムもいいけれど、長く楽しめるアイテムがいい……という人におすすめなのは、今年注目のアイテム、ロング丈のガウン
柄ものなどをあまり着なくてシンプルなワードローブが多いという人は、ネイティブ柄のガウンを1枚はおるだけでいつもと違う印象に。普段のデニムも、おしゃれ感たっぷりに着こなすことができます。
トレンドの女優風ハットとの相性も抜群です。

シンプルな日はバッグでON

A photo posted by Ungrid official instagram. (@ungrid_official) on Oct 5, 2015 at 5:27am PDT

簡単なのは、バッグで柄をオンするワザ。とくにおすすめなのは、さらっと持つだけでおしゃれ度を上げてくれるクラッチバッグ
インパクトがないシンプルなコーデにも、印象的な要素をプラスしてくれます。
シチュエーションや気分で、いろいろなテイストのファッションを楽しんだ夏スタイルのように、秋だっていろいろな雰囲気のファッションを楽しむことは、とても大切。そうすれば、毎日がもっと楽しくなりそうです。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
男性の「デートは割り勘?」にドキドキさせる返答
油断していると、男性にドン引きされる「冬の身だしなみ」
史上初の3誌専属モデル、芸人小籔千豊さんの「カズニョロポーズ」が話題!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP