体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まずい?美味しい?おすすめ&ユニークイギリス料理11選

Photo credit: Mitsukuni Sato「TENT LONDONへ行く」

Photo credit: Mitsukuni Sato「TENT LONDONへ行く

こんにちは、TRiPORTライターのないとぅです。
「イギリスの料理はまずい」がテンプレとなってしまった不名誉極まるイギリスの食事情、いったいどこまでが本当でどこまでが嘘なのか、英国旅行を考えるほとんどの旅行者は、この疑問に直面することでしょう。そんな疑問を少しでも解決できるよう、イギリスのおすすめ料理を6つと、人を選ぶと言われるチャレンジ料理を5つチョイスしました。
さらに、気になるお値段、物価情報やロンドンのレストラン情報も、あわせて紹介していきたいと思います。

イギリスの物価とレート

2015年現在ポンドのレートは、£1あたり約180円とかなりの円安です。よってレストランでの食事は割高感を感じることも多いです。
現地では£1を基準に考えることが多く、感覚としては、日本で100円を基準に買い物をするのとほぼ同じ。ランチにかかる値段は£15〜20程度の場合、日本での1500円〜2000円のランチといったところなのですが、実際のレートに換算すると2700円〜3600円となってしまいます。
イギリスの物価が高いせいというよりは、円安のせいで高くかんじますね。こればかりは、仕方がないと割り切るしかなさそうです。

おすすめ料理

まずはイギリスの料理の中から評価が高いものから紹介していきたいと思います。ただし、ひとつだけ注意してもらいたいのは、どんな美食も万人を満足させることはできないということです。
人それぞれ好みがある以上、ここに紹介した料理が美味しくないと感じることもあるかと思います。でも、それはイギリス料理だからではなく、好みに合わなかったからだと私は考えています。フランス料理や日本料理でおすすめ料理をまとめても、同じように美味しくないと思う料理はある、だからまずはみなさんに食べてもらいたいです。
そしてお気に入りの料理が見つかることを願って、筆者おすすめの料理を7つ紹介させてもらいます。

1. イングリッシュ・ブレックファスト

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑥ ~ロンドン2日目~」

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑥ ~ロンドン2日目~

イギリスで美味しいものといえばこれですね。いきなり料理というよりはメニューみたいなもので申し訳ないですが、さまざまな意見を聞くなかでもっとも評判のいいイギリスの食文化のひとつです。さくっとした食感のトースト、厚みのあるベーコン、ソーセージ、ベークトビーンズに焼いたトマト、油で炒めたマッシュルーム。たまごの調理方法は目玉焼き、スクランブルエッグ、ポーチドエッグなどから選ぶことができるところもあります。

筆者もイギリスやアイルランドでの滞在中にこのイングリッシュブレックファストを、B&B(ベッド&ブレックファストの略で民宿のような宿泊施設)で何度か食べる機会がありました。旅行者にはこのボリュームはとてもありがたいですし、文句なしに美味しいといえる料理だと思います。

値段の目安: £10〜20程度 B&Bなどの宿泊施設の場合宿泊費に含まれる場合が多いです。

イングリッシュ・ブレックファストを食べられるレストラン

The Breakfast Club 
ロンドンに8店舗ある朝食専門店。朝食専門といっても夜まで営業している。
住所:33 D’Arblay Street W1F 8EU (Soho店)
電話番号: +44 (0)20 7434 2571
営業時間:月〜土 8:00am-10:00pm 日 8:00am-7:00pm
定休日: なし
HP: http://www.thebreakfastclubcafes.com/

1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy