体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道でしか食べられない!北海道らしいTHE・海鮮丼5選

竹寿司の「北海三昧丼」

「北海道といったら海鮮丼を食べたい!」そんな声をよく耳にします。そこで、全道の海鮮が自慢のお店の中から、ご当地感満載の必食の海鮮丼を5つピックアップしてご紹介します。

例えば、札幌では掛け声とともにいくらをかける提供スタイルが人気の「はちきょう」、函館ではコリコリの活イカが丼の上で踊る「一花亭たびじ」、釧路からは珍しいタコマンマを頂ける「竹寿司」など、一度は食べてみたい北海道ならではの海鮮丼にご注目ください!

1.はちきょうの「元祖つっこ飯」 (札幌)

掛け声とともにイクラをかけ続ける豪快丼

はちきょうの「元祖つっこ飯」 ツヤツヤの高品質のイクラが惜しげもなく乗せられる

北海道・羅臼産を中心に、元漁師の店主が目利きした魚介が揃う海鮮居酒屋。札幌の人が北海道以外から来る人をもてなす時、必ずといってもいいほど名前の挙がる一軒。

人気の理由は、お店の看板メニューの「元祖つっこ飯」!“おいさーおいさー”の掛け声とともに、こちらがストップと言うまで丼にイクラをかけ続ける豪快な一品。

この他にも様々なメニューが揃っており、店内のあちこちで上がる“おいさーおいさー”の活気とともに、北海道の味覚を思う存分味わって。 海味 はちきょう 本店
TEL/011-222-8940
住所/北海道札幌市中央区南3条西3丁目都ビル1F
営業時間/18:00~24:00(日・祝17:00~23:00)
定休日/無休
料金/元祖つっこ飯1990円(ハーフ1600円もあり)
「海味 はちきょう 本店」の詳細はこちら

2.一花亭たびじの「活いか踊り丼」 (函館)

丼の上でイカが躍る!記憶に残るご当店丼

一花亭たびじの「活いか踊り丼」 丼の上でもお口の中でもイカが躍る!

函館駅からすぐ、どんぶり横丁内にあり、四季折々の新鮮な海産物を使ったメニューが豊富。その中でも「活いか踊り丼」は、店内に併設された水槽で泳ぐイカをその場で捌き、新鮮なイカがまるごと盛りつけられた一番人気メニュー。

器の上でイカがまだ動いている状態で提供されるため、インパクト大!コリコリとした歯ごたえがあり、食べ応えも満点だ。 一花亭たびじ
TEL/0138-27-6171
住所/北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁内
営業時間/【5~10月】5:00~15:00、【11~4月】 6:00~14:00
定休日/無休
料金/活いか踊り丼 1890円
「一花亭たびじ」の詳細はこちら

3.竹寿司の「北海三昧丼」(釧路)

釧路の和商市場の活気の中でいただく、珍しい「タコマンマ」

竹寿司の「北海三昧丼」マグロ、サンマ、イカ、タコマンマなどが贅沢に乗った北海三昧丼(季節によりネタの内容は変更あり)

釧路の和商市場内にある歴史あり、新鮮なネタをたらふく食べられる寿司店。「北海三昧丼」は前浜のネタはもちろん、全道の旬から選りすぐった10種類のネタが一度に食べられる美味満載の丼。

ネタのひとつの「タコマンマ」はタコの卵巣で、不思議が食感と上品な甘さが特徴。他ではなかなか食べられない味わいを堪能しよう! 竹寿司
TEL/0154-24-5847
住所/釧路市黒金町13丁目 和商市場内
営業時間/9:00~17:30
定休日/不定
料金/北海三昧丼1500円

4.小樽海鮮丼エンの「海鮮ひつまぶし」(小樽)

食べ進めるのが楽しい!海鮮丼専門店の贅沢な一品

小樽海鮮丼エンの「海鮮ひつまぶし」他ではなかなか食べられない人気メニュー。お好みの食べ方でどうぞ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy