体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「HALLOWEEN PARTY 2015」2日目は笑いから深い感動まで!

『HALLOWEEN PARTY 2015』幕張メッセDAY2の10月24日(土)。初日の白いウェディングドレス姿とは打って変わって、黒いドレスをまとったTommy heavenly6 は、フードを脱ぐと手鏡を見ながら猫耳のカチューシャを装着。10月21日リリースした新作からの「Tommy's Halloween Fairy Tale Medley」を披露した後、「元気か~? 私はしんどい」とマイペースで自由なMCで笑いを誘うと、頭上でのハンドクラップを自ら先導し、「Hey my friend」へ。オープニングパフォーマーとして、会場の空気を柔らかくほぐした。

10月24日@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール (okmusic UP's)

続くトップバッターのBREAKERZは、SHINPEIの金太郎、AKIHIDEの浦島太郎、DAIGOの桃太郎の順に一人ずつテーマソングに乗せて登場し、3人揃って顔を見合わせると、「せーの、パッカーン!」のアクション。コンセプトは某携帯電話のCMだと分かると会場にドッと笑いが湧いたものの、その直後、「行くぞ!」とDAIGOはロックミュージシャンの顔に豹変。1曲目の「WE GO」から拳を突き上げた。いつものように、DAIGOが神と崇めるHYDEから贈られた白い手袋がマイク・スタンドに掛けられている。初日の、手袋に柏手を打つ儀式(?)をモニター越しにHYDEが見ていたらしく、「“異様な光景だったね(笑)”と神に言われました」(DAIGO)と報告した。新曲「YAIBA」は強いビートがしなるマイナーコードのロックナンバーで、DAIGOの挑むような眼差しは気迫を感じさせ、「灼熱」では、タオル回しで会場との一体感が上昇。盛り上げ上手のDAIGOは、「ももクロさんいるってことは、メンズも多いですか? “DAI、GO~(語尾を上げて伸ばす)”ってやってもらっていいですか?」と掛け声をリクエスト、アイドル風に自己紹介をしてみせた。「僕たちの人生、死ぬまで決めてることは、ハロウィンのスケジュールは絶対あけておくってこと」とDAIGO。「もし依頼が来なくてもお客さんとして絶対来る」と、愛の深さを示した。ラストは代表曲「SUMMER PARTY」。いちずな愛を、という歌詞に合わせてDAIGOがAKIHIDEのおでこにキスをする場面には会場が湧き立つ。締め括りは、恒例の「ハロウィン最高~うぃっしゅ!」に加え、「DAI、GO~!」を再び要求し、最後の最後まで盛り上げてステージを去った。

続いてスタートしたのは、MCやまだひさしの進行で連日開催されるハロウィン・コレクション。仮装した写真をVAMPSのメンバーが審査し、栄えある勝者がランウェイを練り歩くコーナーだ。HYDEの歴代ハロウィン仮装を再現したMKH48と名乗るグループや、マリー・アントワネットなど、多岐にわたるアイディア、手の込んだ衣装・ヘア&メイクの数々は圧巻だった。また、HYDEプロデュースで「HALLOWEEN PARTY」を歌ったキッズ・グループ、HALLOWEEN DOLLSも登場、キュートなパフォーマンスで会場を和ませた。続けて、L’Arc~en~Cielの2012年国立競技場公演時のhydeの仮装(当初予定していた衣装がトラブルで揃わず、本物の衣装を急遽借用)のYUKI YUKI(DUSTAR-3、Rayflower)、2時間かかったという本格メイクのジャック(『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』)姿の柩(ナイトメア)が登場、大きな歓声に包まれていた。

2番目のアクトは氣志團。赤いライトに照らされると、スクリーンには、X JAPANのロゴに似たK ISHIDAN(ケー イシダン)の文字が。1曲目は「Rusty Nail」。綾小路 翔と早乙女 光の2人のTOSHIが、ツインボーカル状態でハモる場面はまるでドッペルゲンガー現象のような奇天烈さ。その衣装のまま、学ランのダンサー陣が加わって「喧嘩上等」、バイクのエンジン音に始まり、Xジャンプを盛り込んだコミカルなダンスで魅せたファンクテイストの「俺達には土曜日しかない」と、賑やかに場を盛り上げて行く。MCでは、「俺たちは千葉県出身のロックバンド、ここは千葉県。その大先輩がX(JAPAN)です」と語りながら、同郷のYOSHIKIに、「“外房に負けるんじゃねーぞ!”って言われました」と明かし、内房・外房間の対抗意識にまつわる超ローカルネタで爆笑を誘った。続けて、キラーチューン「One Night Carnival」、新曲「我ら思う、故に我らあり」と披露し終えると、最後に「ENDLESS RAIN」が流れ始め、X JAPAN再び。2人のTOSHIが抱き合い、メンバー勢揃いでカーテンコールして去って行く場面まで、スローモーションを文字通り実際の“ゆっくりな動き”で再現。歌、ダンス、語り、すべてが融合したエンターテイナーぶりで、大歓声と大拍手を巻き起こし、氣志團はステージを後にした。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy