体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いますぐ真似したい、夢のある暮らしのアイディアがいっぱい。~マガジンハウス担当者の今推し本『フライング タイガー コペンハーゲン 北欧発 ときめきのライフスタイル』

Flying Tiger Copenhagen書籍_01

こんにちは、マガジンハウスです。今日おすすめしたいのは、北欧・デンマーク生まれのライフスタイル雑貨ブランドFlying Tiger Copenhagenをより深く知ることができる一冊、『フライング タイガー コペンハーゲン 北欧発 ときめきのライフスタイル』。まずは、この本を手掛けた担当Yさんに、内容を紹介していただきましょう!

Y 「はい、では早速(笑)。Flying Tiger Copenhagenは、今年2015年にブランド誕生20年を迎え、世界で520以上の店舗を展開している雑貨ブランドです。日本各地にも店舗があるので、商品を愛用している方も多いかと思います」

―――私もFlying Tiger Copenhagenのショップは大好きです! 訪れると必ずほしいものがあるから、どんどん家に増えていって。この本を読めば、その秘密がわかりそうですね。

Y 「そうですね。本書は『夢やアイディアを実現するきっかけ』となる商品を、『すべての人に良質で手の届くデザイン』で提供しているFlying Tiger Copenhagenのブランドフィロソフィーを、創設者レナート・ライボシツさん本人や、ブランドを支える人や集う人たちへのインタビューを通じてお届けしています。彼らの提供する、ブランドの知られざる世界の裏側が楽しめると思います」

Flying Tiger Copenhagen書籍_02

創設者インタビューは必読! 良質なデザインをより多くの人に届けたいというレナートさんの愛と情熱が伝わります。

―――ところでYさん、この本を作るにあたって、現地のコペンハーゲンにも取材をしに行ったとか?

Y 「そうなんです。ブランド誕生の地であり、世界で一番幸せな国といわれるデンマーク・コペンハーゲンに住んでいる人々の、Flying Tiger Copenhagen商品を取り入れたアイディアと夢にあふれるリアルライフの現地取材も敢行しました!」

―――わあ、大変だけど楽しそう! 現地の方はやっぱり取り入れ方も上手なんでしょうねえ。

Y 「はい、例えば、本社スタッフのティナ・シュワルツさんのお宅のキッチンでは、小さな棚の隅々まで意識が行き届いていて、ここでの時間をどれだけ大切にしているかがわかります。ロイヤルコペンハーゲンとFlying Tiger Copenhagenの青い食器の組み合わせがすごく印象的。アンティークとプラスチックのコンビネーションが絶妙です」

―――お話を聞いているだけで、センスの良さが伝わってきます!

Y 「そのような、伝統的なものとカジュアルなもののコントラストを楽しむ生活や、使い道を決めつけない自由な発想でクリエイトするコツなどが、この本にたくさん詰め込んでありますよ」

Flying Tiger Copenhagen書籍_05


Flying Tiger Copenhagen 日本スタッフによるインテリア活用術、日本で活躍するインテリアスタイリストやデザイナーのお気に入り商品活用術なども。お部屋づくりの参考に。

―――そういえば近々、本の発売を記念したイベントもあると伺いましたが?

Y 「はい。11月29日(日)に二子玉川 蔦屋家電にて、発売を記念したイベントを行います! 日本上陸前からFlying Tiger Copenhagenの大ファンであり、本書籍でも愛用品をご紹介くださっている、『ユカデザイン』主宰の立体造形家・森井ユカさんによるスペシャルワークショップを開催しますよ」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。