ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Windows 10 Mobileは第3のOSになれるか!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iOS・AndroidのスマホOS 2強体制に、マイクロソフトは喰らいつくことができるか。
PC向けOS「Windows 10」のモバイル版、「Windows 10 Mobile」の注目度がここに来て急上昇中です。過去にはBlackBerry OS、Firefox OS、Tizenなどのスマホ用OSもiOS・Androidに挑戦。今回はそんな一連の流れや、Windows 10 Mobileについてまとめてみました。

元祖スマホ用OSは、Windows Mobileです。最初期のバージョンはWindows Mobile 2003、日本での一般向けに登場した機種は2005年のW-ZERO3でウィルコムから出ています。

Windows Mobileはフィーチャーフォン全盛期の中でビジネスマンやアーリーアダプターから一定の支持を集めていました。OutlookやOfficeアプリを入れて、外出先からPCメールや資料を閲覧。今でこそ当たり前になっていることですが、販売当初は大変画期的で、多くのガジェットファン、アーリーアダプターたちが飛びつきました。

 

スライド式キーボードを搭載した機種も多く、タッチパネルタイプのスマホがほとんどの現在では、目新しいデザインに映るかもしれません。

数こそ多くないものの、当時、ドコモ・au・ソフトバンク・ウィルコム・イーモバイルの各キャリアから搭載機種が発売。この流れが一変したのは、2008年iPhone 3G、2009年にはHT-03Aが発売されiOS・Andoroidが登場してからのこと。ビジネスイメージのWindows Mobileと違い、フルタッチパネルの直感的操作、豊富なアプリに加速度センサーを活用した面白いゲームなどでiOS・Androidユーザーが急激に増加しました。

iOSとAndroidの勢いに反比例するかのように、Windows Mobileはシェアを落とし、2010年6月発売の、T-01B(ドコモ)、IS02(au)が一般向け機種の最後となりました。こうした反省を踏まえ、iOS・Androidに真っ向勝負を挑むために一から作り直したのがWindows Phoneでした。

Modern UIと呼ばれる大きなフォントと、タッチ操作に優れた画面配置。Windows Mobile時代のアプリなどは使えなくなりましたが、iOS・Androidに対抗すべく第三勢力として非常に期待が高まりました。

ほどなくして、スマホ進出に乗り遅れてシェアを落としていたNOKIAとマイクロソフトは熱い握手を川し、Lumiaシリーズを展開します。

2万円を切る低価格モデルから、Galaxy SシリーズなどのAndroidハイエンドモデルに並ぶスペックのモデルまで、多彩なバリエーションで攻勢をかけます。

しかしながら、日本で登場したWindows Phoneは2011年にauから発売されたIS12T一台のみ。Lumiaシリーズは発売が噂されていましたが、結果として「マイクロソフト社員の業務端末だった」という肩透かしを喰らうなど、日本での発売は日の目を見ることはありませんでした。

 

どうなる、Windows 10 Mobile
日本で完全に不発となったWindows Phoneですが、2015年に大きく動きだします。PC用OS「Windows 10」がスマートフォンとの連携を強化する流れで、「Windows 10 Mobile」を発表。Windows 10 MobileはWindows Phoneを発展させたバージョンで、Windows 10と同一のプラットフォームとなります。

つまり、PCとスマートフォンが深いレベルで連携を図れるということですね。iOSやAndroidでは真似できないレベルでの「Windows PC」との融合。後発ならではの「大型タッグ」に、ビジネスマンを中心に期待が高まっています。

6月にはマウスコンピューターが「MADOSMA」を発売。今はWindows Phoneを搭載していますが、Windows 10 Mobileが正式にリリースされるとアップデートされる予定です。その他にも、FREETELL、VAIO、Acerなどのメーカーが国内での端末の投入を表明。さらにはスマートフォンアクセサリーブランド「トリニティ」まで端末の発売を発表しています。

この4年間で1台しか端末が発売されませんでしたが、2015年は6社以上のメーカーが参戦を表明しているWindows 10 Mobile。リリースは今年11月以降と噂されていますが、3度目の正直で普及するのか?市場の動向に注目したいと思います。

(文:モバイルプリンス)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP