ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットオーナー必見!迷い犬情報を近隣住民に拡散できるアプリ「Pedigree Found」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PedigreeFound「迷い犬、探しています」こんなポスターを見かけたことはないだろうか。飼い主が手作りのポスターをせっせと心当たりの場所周辺に貼って回る。

こんな非常にアナログなやり方から一歩進めて、現代のインターネットを活用した方法が、ニュージーランド発のアプリ「Pedigree Found」である。

・Google adのネットワークを活用

「Pedigree Found」ではGoogle adのネットワークを使って、迷い犬の情報をいち早く近隣に拡散させるコミュニティ。いわば、“迷い犬の電子ポスター”を、周辺住民のスマートフォンに送信するような仕組みだ。

利用方法も非常にシンプル。ユーザーはアプリをダウンロードし、飼い犬の写真や、犬の特徴のリストなど、飼い犬についての詳細情報をあらかじめ登録しておく。

・ボタン1つで“迷い犬情報”を発信

PedigreeFound2万一、犬がいなくなってしまったときには、ボタンを押して“行方不明”という投稿をすると、近隣エリア一帯のオンライン上にいる他の人たちのスマートフォンに、アラートが無料で送信される。

そのエリア一帯が、リアルタイムで迷い犬について注視してくれるようになれば、犬がグッと見つかりやすくなるはず。

該当の犬を見かけたら、すぐに発見場所を飼い主にアラート送信できるほか、見かけない犬を発見した人は、アプリのネットワーク上に、迷い犬情報がリストアップされてないか、随時チェックすることもできる。

・迷い犬探しにかかる時間も手間も削減

「Pedigree Found」は、犬を飼っている人同士や地域を結び付けてコミュニティを形成し、飼い犬探しの時間も手間も削減してくれる、シンプルながら便利なアプリといえそうだ。

Pedigree Found

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。