体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マニアックな“ベトナムおこわ”はいかが? 高円寺「ツバメおこわ」の美味しくて優しいひととき。

f:id:Meshi2_Writer:20150928165409p:plain

高円寺は日本のインド……ではなくベトナムだった

新宿駅からJR中央線を下って7分、高円寺駅にやってきた。かつて、みうらじゅんは「高円寺は、日本のインドである」とエッセイに書いたが、果たして今もそうなのだろうか。

f:id:Meshi2_Writer:20150928164952p:plain

そんな状況は一変してしまったのかもしれないーーーー。ふらり歩いてみて、そう思わざるを得なかった。というのも今や「高円寺は日本のベトナム」といった様相を呈しているのだ。確認できただけでベトナム料理を扱っている食堂は7店(うち専門店は5店)もあり、ベトナム雑貨を扱っている店も2店ある。

f:id:Meshi2_Writer:20150928165043p:plain

左上から「獨壹荘」(新高円寺)、「ビンミン」(炭火焼き肉専門店)、「MAI HIEN」(ベトナム中部の料理あり)、「チョップスティックス」(ビンミンの隣。同じ会社が経営)。

ベトナム人コミュニティがあるわけではないのに、なんでこんな増えてしまったのか。そのうちの一店舗でフォーをすすりながら聞いてみた。

「高円寺、なんでこんなにベトナム料理多いんですかね」

すると店員は答えた。

「私たちも理由はわからないです」

高円寺にはバンドマンやライター、漫画家といった自由業者、貧乏旅行を繰り返すハードなバックパッカーがたくさん住みついている。彼ら御用達の店として「元祖仲屋むげん堂」というアジア雑貨や無国籍料理屋を営む店や「抱瓶」など数店舗を営む沖縄料理店が成功し、街の顔として定着している。そうした店の成功に続こうとして、ベトナム料理の店が自然と増えていったのではないか。そのように推測しているのだが、真相はどうなのだろうか。

ベトナムのおこわ料理に魅了されて店をオープン

今回紹介する店はそのうちのひとつ。高円寺駅の北口から徒歩6分のところに位置する「ツバメおこわ」である。

f:id:Meshi2_Writer:20150928165117p:plain

ここはベトナムのおこわだけにこだわったというマニアックな店だ。店主の平野さやかさんはもともとベトナム語の専門家。ベトナム語の翻訳を手がけたり、ベトナム人相手に日本語の研修をしたりしていたが、一念発起して、ベトナムで修行、2013年11月に店を始めたそうだ。

現地に住んでいたとき、おこわに魅了されたんです。それで4カ月、現地で修行した後、開業しました。なぜ高円寺に出店した理由はとくにないんです。いろいろ探していて、たまたま見つけたのがこの物件。街の雰囲気がのんきでいいなって思って決めました。

たまたまにしては出来すぎていないだろうか。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。