ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、ASUS製Wi-Fiルーター「ASUS OnHub」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 10 月 27 日(米国時間)、自社ブランドの家庭用 Wi-Fi ルーター「OnHub」の第 2 弾モデルとして、ASUS 製の「ASUS OnHub」を発表しました。OnHub は、「高速通信、安全、手軽さ」を謳い文句にした Wi-Fi ルーターのことで、IoT 機器で使用される各種プロトコルをサポートしており(厳密には今後のアップデートで対応)、今後普及すると予想されるスマートホームをターゲットにした製品となっています。ASUS OnHub も初号機と同じく円筒形のユニークなデザインを採用しており、Google Play ストアで公開されている「Google On」アプリで設定やステータスの確認を行います。また、機器に応じて自動的に繋がりやすく、スループットも出やすいチャンネルを検出するほか、端末でどのくらいの帯域を使用しているのかやネットワークに問題が生じた際の解決策を表示します。ASUS OnHub は IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz)、AC 1900(最大 1900 Mbps)、Bluetooth Smart、802.15.4、Nest Weave に対応するほか、WAN と LAN にそれぞれギガビットイーサーネットポートを 1 つずつ搭載。内部には(効果音用の)スピーカーと LED ライトが仕込まれています。ASUS OnHub の価格は TP-LINK 製よりも $20 高い $219.99 です。米国では Google ストアをはじめ、一部の小売店において今週より予約受付が開始されます。Source : Google

■関連記事
Googleも自社でプロセッサを開発? Pixelチームの求人情報から予想される
中国 LeTV、ハイスペックながらも安い「Le 1S」を発表
Google、Google Playミュージックでポッドキャスト配信サービスを今後開始、RSS登録受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。