ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、米Verizon限定のハイスペックスマートフォン「Droid Turbo 2」や「Droid Maxx 2」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola は 10 月 27 日(米国時間)、米 Veriozn と共同で行ったメディアイベントにおいて、“Droid” ブランドの新型スマートフォン「Droid Turbo 2」「Droid Maxx 2」を正式に発表しました。どちらも 10 月 29 日に発売されます。Droid Turbo 2 は、5.4 インチ 2,560 × 1,440 ピクセルの高解像度な有機 EL ディスプレイや Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz オクタコアプロセッサを搭載した歴代の Motorola スマートフォンの中で最も高いスペックを備えた機種です。この機種では、Motorola スマートフォンで初めて「Moto ShatterShield」と呼ばれる耐衝撃性を考慮したボディ構造を採用したほか、3,760mAh の大容量バッテリーを搭載しており、Motorola は 48 時間持ちをアピールしています。また、15 分の充電で 13 時間分の容量を充電できる急速充電機能や PMA と Qi のワイヤレス充電にも対応しています。筐体のデザインは Moto X(3rd Gen)スタイルに変更しており、前面には 2 つのスピーカーを搭載。筐体サイズは 149.8 x 78 x 7.6 ~ 9.2 mm、質量は 169g。カラバリは Natural Leather、Slate、Blue Nylon が基本カラーとして販売されますが、Droid Turbo 2 は Moto Maker でのカスタマイズに対応しています。メモリは 3GB RAM、32GB / 64GB ROM(Micro SD 最大 2TB)を搭載。カメラは背面に 2,100 万画素と前面に 500 万画素を搭載。リアカメラでは 4K 動画やスローモーション動画の撮影が可能です。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、NFC、ワイヤレスディスプレイに対応しています。Droid Maxx 2 は Motorola がグローバル向けに発売した「Moto X Play」の Verizon 版です。Droid Maxx 2 の基本スペックは、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの LCD(ゴリラガラス 3)、Snapdragon 615 1.7GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB / 32GB ROM(Micro SD 対応) 、背面に 2,100 万画素カメラ(デュアル LED)、前面に 500 万画素カメラ、3,630mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.1、NFC に対応しています。Source : Motorola

■関連記事
Xiaomiスマートフォン「Redmi 2 Pro」がFCCの認証を取得
Garmin、心拍センサー付きの「vivosmart HR」とGarmin Connectに対応したスマートヘルスメータ「Index Smart Scale」を発表
Xiaomi、MIUI 7の安定版を中国モデル向けに配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP