ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「キレやすい人は優しくされると弱い」と心理分析の専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 身の回りにいる「困ったちゃん」に関する相談に、『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)などのテレビ番組でお馴染みの東京未来大学・こども心理学部長である出口保行さんが、回答します。今回は、すぐに感情的になってしまう奥様を持つ旦那様のお悩みです。

【相談】
 妻の恵はちょっとしたことにも感情的になって、キーキー声をあげます。そうなると手に負えず、機嫌がよくなるのをただ待つしかありません。妻のヒステリーを何とかできないでしょうか? つらいです…。 (富山県・透・35才)

【回答】
 結婚して毎日一緒にいても、妻の何が地雷なのか、いまだわからない透さん。激昂する恵さんの横で、怒りが収まるまでひたすら“忍”の字で耐えるしかない。さぞかし大変なこととお察しします。

 透さんは恵さんを“ヒステリー”と表現していますが、ヒステリーというより、“キレやすい”というのが正しいのかもしれません。

 ヒステリーといえば、一般的に女性が感情的になって、キーキーと自分勝手なことをわめき散らす状態を指すことが多いようですが、精神医学でいう疾患のヒステリーにはこのような意味合いはありません。

 精神医学でのヒステリーとは、身体的にはまったく異常がないのに、言葉が出ない、手足が動かない、体の一部が痛いというものをいいます。ひどい時には意識がなくなって倒れたり、目が見えなくなることもあります。

 ですから、医学的見地からは、恵さんはヒステリーではありません。ただ、病気でないとはいっても、今の恵さんの状態は、同居する夫として何とかしたいですよね。実は、恵さんのように“キレやすい”人は、つねに「相手に攻撃されるかも」という恐れが根底にあります。ですから、先手必勝でキレて自分を防御している。

「何が地雷かわからない」というのも、普通の人はどうとも思わないようなことでも、過剰に反応するから。

 さらにキレたときに相手がどんな反応をするのかを見て、受け入れてくれない人は、交友関係からはどんどん排除していくのです。何ともやっかいなタイプですが、大声でわめき散らしても、攻撃性があるわけではありません。逆に気持ちは弱い人が多いのです。

【対策】
 このタイプは、他人から優しくされることに弱いのが特徴です。しかし、弱いといっても、優しくしてくれる人をすぐに受け入れるというわけではありません。なぜなら、最初はその“優しさ”をも「この人は何を考えて、私にこうするのだろう?」と怖がるからです。

 それでも、同じ人から何度も優しくされると、少しずつその人に心を開いていきます。 おふたりが知り合った頃、恵さんは透さんにつれない態度だったのではないでしょうか? もしそうなら「このカレは、私を攻撃してこない人かしら…」と疑心暗鬼になっていたからです。それでも透さんが優しく恵さんに接したからこそ、結婚までこぎつけたのでしょう。

 少年院にもこのタイプの子供は少なくありません。ですから指導する先生は時間をかけて優しく子供に接して、心を開かせて、更生へとつなげていくのです。このタイプの人がどんなにキーキーとまくしたてても、決して感情的に反応しないこと。相手と同じ温度で対応すると、さらにエスカレートしていき、ひどい場合は殺されることもあるからです。

 あくまでも落ちついた態度で、相手が何を言いたいのか聞くこと。相手は、「これは大丈夫なんだ」とわかると気持ちが落ち着いていきますから。

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「取り調べでカツ丼は出る?」など警察の実態を解説した一冊
人気ドラマ『相棒』のオリジナル中編小説を計2作収録した本
65万部『謎解きはディナーのあとで』最新話が雑誌に全文掲載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。