ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3年連続、水質は日本で一番!奇跡の清流「仁淀川」が美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですが、「四国の清流は?」と尋ねられたら、あなたはどの川を思い浮かべるでしょうか?きっと、多くの人が四万十川と答えるはずです。 でも、近頃、“日本最後の清流”と形容される四万十川に迫る勢いで、グングン知名度を高めている川があるのだとか!

息を呑む“青”…
これが仁淀ブルーだ!

その正体は、“奇跡の清流”と呼ばれる「仁淀川(によどがわ)」。愛媛県から高知県の7市町村を経由して太平洋へと注ぐ、流路延長124km、流域面積1,560平方kmの清流です。

仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中!

2012年に放送された某テレビ番組で「仁淀ブルー」として紹介されて以来、多くのメディアで取り上げられることに。

大小、高低、形の異なる、さまざまな滝があります。

カヌーやラフティングなどのアクティビティも最高。釣りやキャンプを含め、その水辺利用率は常に全国トップクラス。

鮎の塩焼きも美味しそう…。

夕暮れ時には、また違う表情を見せてくれます。

“仁淀ブルー”が見られるのは8月半ばから1月半ばまで。それ以外の時期は藻類が繁茂するため、グリーンに近い色合いに見えるのだそう。
ちなみに、仁淀川周辺は高知県でも有数の紅葉スポット。“青と赤”のコラボレーションは、想像するだけで贅沢ですね!

Licensed material used with permission by 0510_an , yuusuke_0304 , turigirl , meru0618 , tomoking220 , yana_scy , ni_rarara.nao , cocoron.yuri

関連記事リンク(外部サイト)

鹿児島県の美しい島々を撮影したPR動画が本気すぎる・・・
今すぐ旅に出るべき10のサイン。「最近ワクワクしたこと、思い出せますか?」
幻想的な「濃溝の滝」。この風景、都心から1時間で見に行けるんです

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP