ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がんを防ぐ食べ合わせ りんご+ヨーグルト、緑茶+昆布など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康のために食事の内容に気を配るのは当たり前。単体でなく、何と何を一緒に食べるかという「食べ合わせ」を工夫すれば、ダイエットや体質改善だけでなく、病気を防ぐこともできる。今日の晩ご飯から実践できる「病気にならない食べ合わせ」をリサーチした。

 例えば、日本人の死因ナンバーワンである“がん”を防ぐ食べ合わせが存在する。『ガンが消える食べ物事典』の著者である西台クリニック院長の済陽高穂氏がいう。

「がんは細胞の設計図であるDNAが傷つき、遺伝子が突然変異を起こすことから発生します。その主な原因といわれる活性酸素の発生を食事で抑制することができます」

 そのひとつは、「りんご+ヨーグルト」だ。済陽氏が説明する。

「植物由来の抗酸化物質は、活性酸素の攻撃から細胞を守ってくれます。りんごには強い抗酸化力を持つポリフェノールが多く含まれるだけでなく、リンゴ酸などの有機酸が細胞の代謝を活性化させ、がん化を防いでくれる。そこに腸の悪玉菌の増殖を抑えるヨーグルトを合わせることで、近年男性に増加している大腸がんを防ぐことができます」

 朝食に角切りりんごを混ぜたヨーグルトを食べるだけでも効果があるという。

 また、「じゃがいも+鶏のささみ」も有効だという。熊本大学の研究によれば、がん細胞にじゃがいもから抽出したアルカロイド配糖体を加えたところ、がん細胞の増殖を抑えたというデータがある。

「じゃがいもは強い抗酸化力を持つだけでなく、りんごの約8倍のビタミンCが含まれています。ビタミンCには活性酸素を無害化してがんを予防する働きがあります。そこに鶏のささみのような良質なたんぱく質を加えることで、がんの予防に欠かせない免疫力も高めることができるのです」(済陽氏)

 海と山の連合軍ともいえる「わかめ+ゴボウ+ヨーグルト」も期待できる。

「海藻類を黒くする色素成分であるフコキサンチンは、強力な発がん抑制作用があります。また、ぬめり成分であるフコイダンはがん細胞の自滅を誘発。そこに食物繊維を多く含むゴボウ、ヨーグルトを加えれば、腸内環境が改善され、大腸がんを防いでくれます」(済陽氏)

 排便を促すこの食べ合わせなら“腸内の大掃除”が可能だ。

 昆布で出汁をとった「わかめとゴボウの吸い物」、食後にヨーグルトという献立はどうか。

 さらには「緑茶+昆布」も推奨された。緑茶に含まれるカテキンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用のほか、抗ウイルス作用も持つ。国立がん研究センターが「緑茶は胃がんを抑制する」と公表しているが、海藻を加えると、さらに効果が上がる。

「発がん抑制作用のある昆布などの海藻を緑茶に入れれば、胃がんを抑制する力が倍増します。注意点として、緑茶は淹れてから30分以内に飲むこと。時間が経つと、カテキンの抗酸化作用が低下してしまいます。ちなみにペットボトルの緑茶は酸化しているので、胃がんを抑制する効果はありません」(済陽氏)

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
しじみ900個分のオルニチンが入ったヨーグルト開発秘話
人気の塩ヨーグルト カイヤは4.6kg減で斉藤慶子は美肌キープ
山田花子が6.6kgやせた「ホットヨーグルトダイエット」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP