ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「お金に好かれる人」と「お金に嫌われる人」の10の違い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがどう違うのでしょうか。

01.
お金に対するイメージが違う

お金に好かれる人は、お金に対して良いイメージを持っています。たとえば、お金があると大好きな家族と一緒に食事ができるとか、自由になんでもできるとかお金を持つことに肯定的なイメージがあります。

一方でお金に嫌われる人は、お金を汚らわしいものだと考えています。お金を稼いだり使ったりすることは良くないことだというイメージを持っています。

02.
お金の使い方が違う

お金に好かれる人は、お金を刹那的には使いません。たとえばギャンブル。一時的なストレス発散になりますし、一攫千金も狙えるかもしれません。しかし、このようなお金の価値を分からない使い方をするとお金には嫌われてしまいます。

03.
お金を払う時の気持ちが違う

お金に好かれる人は、必要なときに支払うお金があることをありがたいと思っていますから、支払うときには「ありがとう」と言います。

お金に嫌われる人は、払わなくていいなら支払いたくないと思っていますから、支払いのときは損をしたと思ってしまいます。

04.
お金を払う先が違う

お金に好かれる人は、自分がお世話になっているところにお金を使います。たとえば家族やお世話になっている人に素敵なものをプレゼントしたり、食事に誘ったり、お礼をしっかりお返しします。

お金に嫌われる人は、もっぱら自分のためだけにお金を使います。05.お金の扱い方が違うお金に好かれる人は、お札はもちろん向きを揃えてピシッと並べて財布にいれ小銭もきちんとしまいます。

お金に嫌われる人は、お札はくしゃくしゃにして入れ小銭はジャラジャラとポケットに入れています。

05.
お金の扱い方が違う

お金に好かれる人は、お札はもちろん向きを揃えてピシッと並べて財布にいれ小銭もきちんとしまいます。

お金に嫌われる人は、お札はくしゃくしゃにして入れ小銭はジャラジャラとポケットに入れています。

06.
お金を使うことに
対する考え方が違う

お金に好かれる人はお金を循環するものと考えていますから、必要なところに使えば必ずまた入ってくると知っています。

お金に嫌われる人は、お金は使えば無くなるものと思っているので、お金をなるべく出さないようにします。

07.
身の回りが
片づいているかどうかが違う

不思議なことに、お金に好かれる人は身の回りがきちんと整理整頓されているものです。

お金も管理が必要なものですから、自分に関わるモノの管理がしっかりできていない人は、お金にもルーズになりお金に嫌われるということになるのでしょう。

08.
一人で何かをすることに
抵抗があるかないかが違う

お金に好かれる人は、人と違うことをすることを厭いません。結局その他大勢と同じことをしてしまうからお金を稼ぐ量が減ってしまうわけで、お金を得ようと思えば他の人がやらないことを一人でもやれることがポイントになります。

お金や仕事に対して自分のポリシーを持ち、他の人が何と言おうともやり遂げる孤独力がお金に好かれることになります。

09.
日常生活に感謝が
多いか少ないかが違う

お金を運んでくるのは人です。人が仕事やチャンスをくれるからお金を稼ぐことができるのです。お金に好かれる人はそのことを良く知っていますから、日々さまざまな人や出来事に感謝の気持ちを忘れません。

10.
時間管理ができるか
どうかが違う

お金に好かれる人は、時間の管理が上手です。時は金なりといいますが、仕事や作業にかかる所要時間を正確に出すことができる人は仕事が正確に読めるので、相手から信頼されるよい仕事ができます。

お金に好かれる人とお金に嫌われる人の間には歴然とした差があります。この違いを知って、お金に好かれる人の習慣を身につけたいですね。

関連記事リンク(外部サイト)

お金では絶対に買えない「8つの幸せ」
心の強い女性になるために、持つべき「5つの習慣」
心配性の人にしかわからない「15のこと」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP