ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋滞を避けたい人必見!紅葉の名所・日光の「穴場」紅葉ドライブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

栃木といえば、言わずと知れた紅葉名所のメッカ!

そして日光といえば「いろは坂」が有名。
もちろん素敵だけれど、渋滞が気になる…。

でも実はほかにも見所がたくさんあるんです!

端に滝、歴史ある建物など、さまざまな絶景紅葉&秋スイーツ・ランチと、秋を満喫して、
最後は温泉でほっこりできるおすすめドライブコースを紹介します。

霧降高原の六方沢

赤・黄・緑のグラデーションに
橋の白いアーチが映える。


長さ320mの六方沢橋の前後に駐車場があるので、そこから歩くのが便利

見頃の時期 10月中旬〜10月下旬

霧降高原は赤薙山(あかなぎさん)の斜面に広がる高原地帯。霧降高原道路のほぼ中央、標高1434mに六方沢橋が位置する。橋の周辺からは栗山ダムや今市地区の景色、また天気が良ければ、遠く筑波山まで望める絶景が! 霧降高原の六方沢(きりふりこうげんのろっぽうさわ)
TEL/0288-22-1525(日光市観光協会)
住所/栃木県日光市(日光霧降高原道路のほぼ中央)
アクセス/日光宇都宮道路日光ICより35分 ※橋上での駐停車は危険なため不可
「霧降高原の六方沢」の詳細はこちら

霧降ノ滝

紅葉の中を、勢いよく流れる水しぶきが圧巻。

江戸時代を代表する浮世絵師・葛飾北斎も描いたという見応えある名勝

正面に観瀑台がある

見頃の時期 10月下旬〜11月上旬

古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25m、下段が26m、高さは75mと大迫力。カエデやナナカマドの紅葉と、水のコントラストが何とも素敵~。 霧降ノ滝(きりふりのたき)
TEL/0288-22-1525(日光市観光協会)
住所/栃木県日光市所野
アクセス/日光宇都宮道路日光ICより15分
「霧降ノ滝」の詳細はこちら

菓子工房 カフェ・ド・ギャルソン

こだわりアップルパイはサックサクの食感が◎。

写真奥は、もうひとつの秋の味覚、和栗のモンブラン

木々に囲まれた日光運動公園内にある。ケーキは持ち帰り&イートイン可。コーヒーは200円

MENU アップルパイ 420円 モンブラン 380円

秋のオススメは地元りんごを使ったアップルパイ。りんごはカルヴァドス酒やシナモンに漬け込み、あえて煮ないことでシャキシャキとした歯触りが。二度焼きするパイのサクサク感とカスタードクリームも◎。 菓子工房 カフェ・ド・ギャルソン
TEL/0288-25-3585
住所/栃木県日光市所野2832-2
営業時間/10時〜19時
定休日/月曜日
アクセス/日光宇都宮道路日光ICより7分
「菓子工房 カフェ・ド・ギャルソン」の詳細はこちら

イタリア大使館 別荘記念公園

紅葉の木々と一緒に歴史ある建物探訪を。


中禅寺湖畔の自然や、国際避暑地の歴史が楽しめる公園の中にある
入館無料※1人100円程度の協力金をお願いしています
当時の雰囲気をそのままに残す癒やしスポット

見頃の時期 10月中旬〜10月下旬

1928年、イタリア大使館の夏季別荘として建造されたものを復元し展示館として公開している。本邸は床板や建具、家具などをできる限り再利用。副邸は往時の歴史を紹介する「国際避暑地歴史館」となっている。 イタリア大使館 別荘記念公園
TEL/0288-55-0880(日光自然博物館)
住所/栃木県日光市中宮祠2482
営業時間/本邸および歴史館の利用は9時〜16時※時期により変動あり
定休日/〜10月31日まではなし、11月は月曜日 ※開園は4月〜11月のみ
アクセス/日光宇都宮道路清滝ICより30分
「イタリア大使館 別荘記念公園」の詳細はこちら

奥日光湯元温泉 ゆの森

奥日光の秋の味覚を贅沢に詰め込んだ和懐石。


器に美しく盛られ、見た目にも鮮やか(季節で料理内容は変わるので写真は一例) 「とちぎ和牛ハンバーグ
コース(2700円)」も人気!

MENU ミニ懐石コース「森の紡(つむぎ)」 3780円

日光湯元温泉の奥まった場所に建つ風情ある宿で、ちょっぴり贅沢なランチはいかが?とちぎ和牛や日光湯波、日光の清水で引き上げた出汁と、地場産にこだわったヘルシーな本格日本料理。レストランの一面ガラス張りからの紅葉もきれい。 奥日光湯元温泉 ゆの森
TEL/0288-62-2800
住所/栃木県日光市湯元温泉
営業時間/11時30分〜14時(LO13時30分)
定休日/水曜日 ※祝日の場合営業、定休日以外に休館になる場合あり
アクセス/日光宇都宮道路清滝ICより40分
「奥日光湯元温泉 ゆの森」の詳細はこちら

奥日光小西ホテル

乳白色のにごり湯から大自然・奥日光の紅葉を。


やわらかい湯あたりで、美肌の湯とも言われている 貸切露天風呂も。45分4200円(4名まで)、土日祝は事前に予約を

見頃の時期 10月初旬〜11月中旬

エントランスの紅葉が素晴らしいこちらのホテルでは、立ち寄り温泉もOK。源泉100%掛け流しで、やや緑がかった濃厚な乳白色が特徴の湯。硫黄の心地よい香りに包まれれば、ドライブの疲れも吹き飛んでしまいそう! 奥日光小西ホテル
TEL/0288-62-2416
住所/栃木県日光市湯元温泉2549-5
営業時間/13時〜21時
定休日/なし
料金/入浴料:1000円(小学生以下800円)
アクセス/日光宇都宮道路清滝ICより40分
「奥日光小西ホテル」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

紅葉が美しい!「世界遺産・白川郷」で、秋の里山ドライブ【岐阜】
ゆるキャラ®が案内。ミナモおすすめ!白川郷の景色3選【岐阜】
軽井沢の絶品お土産8選!おいしくて素敵なお土産を買って帰ろう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP