ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ある日突然いなくなった9歳の娘。8年を経て明かされる真実とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ある日突然、神隠しのように人が消える。誘拐なのか、事故なのかもわからない“ミッシング・パーソン”と呼ばれる現象により、娘を失った父親とその家族を描くサスペンス・ミステリー映画『白い沈黙』が公開中。

舞台は、カナダ・ナイアガラフォールズ。スケート選手を夢見る9歳の愛娘・キャスを迎えに行った父・マシューを悲劇が襲う。行きつけのダイナーに立ち寄ったほんの数分の間に、車の後部座席に残したキャスが忽然と姿を消してしまったのだ。誘拐を主張するマシューだったが、物的証拠や目撃情報が一切ないことから、刑事たちから疑惑の目を向けられ、娘の失踪に取り乱した妻・ティナからも猛烈な非難を浴びてしまう。その後、捜査は行き詰まるも、事件から8年が経過したある日、刑事がネット上でキャスに似た少女の画像を発見。徐々に生存をほのめかす手がかりが浮上し始める――。

8年もの空白を経て見えてきた手がかりは、誰が何のために発したサインなのか。希望を捨てずに娘を捜し続けた父親に突きつけられた、想像を絶する真実とは……?

白い沈黙
監督:アトム・エゴヤン
出演:ライアン・レイノルズ、スコット・スピードマン、ロザリオ・ドーソン、ミレイユ・イーノス ほか
(2014年/カナダ)
公開中
(C)Queen of the Night Films Inc.
http://shiroi-chinmoku.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。