ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11/5(木)OPEN!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」で、寝落ちしたい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20151027_book-and-bed-tokyo_00i

2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間」の体験です。

LOBBY01 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

もう少し詳しく説明しましょう。この「BOOK AND BED TOKYO」は、「読書をしていたら、いつの間にか寝てしまっていた」という“あの心地よさ”を体験できる、まったく新しい宿泊施設です。テーマはずばり、“泊まれる本屋”。

長く連なる大きな本棚に並ぶのは、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」がセレクトした、幅広いジャンルの本1,700冊。日本語はもちろん、訪日外国人観光客をターゲットとしているため、英語のものも数多く取り揃えているのだそう。

LOBBY02 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

ロビーには、テーマカラーの青いソファーも設置。当然、Wi-Fiは無料です。

BOOKSHELF AREA BED (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

部屋は2種類。まずは、このホステルのシンボルである、本棚の奥にある部屋「BOOKSHELF」。電源もブックライトももちろん完備で、120cm x 200cm の広めの部屋(10床)と80×200cmの少し小さめの部屋(2床)の合計12床を用意。

BUNK AREA BED (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

もう一方は、より集中した環境で”泊まれる本屋”を体験できる「BUNK」。こちらの部屋も、2パターンの大きさアリ。

ENTRANCE (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

エントランスの様子。左手に見えるのがクロークです。

bookandbed_06_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

シャワー、トイレ、洗面所は共同。もちろん、24時間利用可能です。が、0時以降の利用はお静かに。

LOBBY03 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

宿泊料金は、1泊3,500円(税別)から。11月9日(月)には、宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間を気軽に楽しめる、「デイユースプラン」もスタート予定です。無類の読書好きはぜひ、この“楽園”で最高の寝落ちを体験してみては!?

Licensed material used with permission by 株式会社アールストア

関連記事リンク(外部サイト)

最大2時間もつ!「ツナ缶」を使った、災害用ランプが超便利
【イタリア発】「風呂敷シューズ」がオシャレで履きやすい!
スイスのTV局が、生中継やロケに「iPhone6のカメラ」を採用

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。