体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最適化の方法が変わっただけでSEOはまだまだ終わらない

ホームページを作る人のネタ帳

今回はYamadaさんのブログ『ホームページを作る人のネタ帳』からご寄稿いただきました。

最適化の方法が変わっただけでSEOはまだまだ終わらない
いや、全く意味がわからなくて思わず書いたんですけどね。

「SEOの終わりとソーシャルとnanapiのコンテンツの未来」 2011年06月05日 『ロケスタ社長日記』 @kensuu
http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/51889800.html

ソーシャルメディアが力をつけてくるとインターネットでどういう変化が起こるのかというのが、上の記事で非常に細かく分析されて、まさにその通りだなぁって思うのですが、SEOはなくならないです。そもそも現代のSEOはコンテンツファームでもなんでもありません。

<どうしてSEOが終わらないのか>

「SEO重視で行きたいのでよろしくお願いします!」
「わかりました。今の時代のSEOでいうとコンテンツ重視ということですね? リンクを集めたり、ページを量産しても今はサーチエンジンに最適化されるとはいえません」

最近私が交わした会話ですが、コレが私が言いたいことの真理です。

・SEOの企画書とかもうやめてほしい
・お客もまだSEOすればいいと思ってる

こういう声を良く聞こえてきますが、これは言葉の意味がなにか間違っています。SEOっていう言葉があまりにもうさんくさい言葉になってしまったことが原因で、誰もが次の言葉を捜しているというのはあるかもしれない。

2009年1月に上の記事と同じことを書いた覚えがあって自分で調べたらでてきた。*1

*1:「売れてるSEO業者が行っているのはSEOでもSEMではなくHIO」 2009/01/19 『ホームページを作る人のネタ帳』
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-571.html

このほか、SMO、ソーシャルメディア最適化っていう言葉も当時よく聞きました。
要するにですね
“検索エンジン最適化”がSEOなので、“より良いクオリティを保ったものを公開する”っていう行為も、結局現代の検索エンジンの上位を狙う行為なわけですから、SEOだということ。

なんにも昔から変わったところはないのです。あくまでもスパムフィルタのレベルが上がり“より人間らしい観点のもと、よりよい情報を上位表示させるようになった”だけであって、検索エンジンを使うユーザーがいなくならない限り、検索エンジン最適化の戦いはいっそう激化していくということです。

結局こういう話になってくると、割って入ってくるのが『Facebook』です。『Google』は『Facebook』に完全に敗北するという説が多くでています。実際のところどうなるでしょうか。これはSEOとは別に、時代とともに何がかわり、何が変わっていないのかを見ると、はっきりとわかります。

<人は昔から変わらず、あらゆる情報へのアクセスを3クリック以内に収めようとする習性がある>

これは既にインターネットが生まれてからずっと変わらない人間の法則です。ユーザビリティの記事 *2 にも追加しようか悩んだ部分ですが、この法則にしたがってインターネットは動いています。

*2:「ユーザビリティの原則と現場で使えるユーザビリティテストの方法」 2011/06/03 『ホームページを作る人のネタ帳』
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-889.html

『Twitter』や『Facebook』、『mixi』なども含めて、ソーシャルメディアがまだない時代、それこそ『Google』がまだないとき。日本では『Yahoo!』が圧倒的なシェアを誇っていました。

この時代から3クリックの法則は揺るぎません。まず多くのユーザーはポータルサイトと呼ばれる、『Yahoo!』、『LYCOS』、『フレッシュアイ』といったサイトを訪れます。ここにいたるまで、ほぼお気に入り機能を活用しますので、1クリックです。

ここからサイト内のコンテンツを1クリックして、さらに外部サイトへ1クリック使用します。ポータルサイトをトップページにしている場合は、この先1クリックする余裕があることでしょう。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。