体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の冬はスープジャーで簡単・ヘルシーな“おなべランチ”が来る!? 『プチッと鍋』試食会レポート

TOP

あっという間に今年も終盤。暖かいお鍋が恋しい時期になりました。“1プチッと1人前”をテーマに手軽にお鍋が楽しめることで人気の鍋スープ『プチッと鍋』は、新しいお鍋の食べ方を提案する試食イベントを10月24日から25日にかけて六本木で開催。イベントの様子をご紹介します!

※全ての画像が表示されない場合は以下のURLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1217254

その発想はなかった! “おなべランチ”って何?

おなべランチ

2013年の発売以来、年々販売個数を増やし続けているという『プチッと鍋』が今年の秋冬新たに提案するのは“おなべランチ”。一人用の鍋スープも増えてきたとはいえ、大人数での夕食や家族団らんのイメージがまだまだ強い“お鍋”ですが、スープジャーなどの高機能なお弁当箱の流行に合わせて、これからは時間と場所を気にせずお鍋を楽しもう! というものです。

IMG_1737UU

濃縮タイプのスープがポーションになっている『プチッと鍋』。1つにつき150mlのお水を火にかけ、好みの具材を入れるだけというお手軽調理です。前日の晩に具材の下準備を済ませておけば忙しい朝でも簡単! あとはスープジャーに入れれば、いつでもどこでもアツアツの鍋料理を楽しめます。普通の手作り弁当よりも簡単でヘルシーなうえに、残り物野菜の消費にも一役買ってくれそうです。意外にも、この発想はなかった! 

IMG_16997

10月24日から10月25日には、六本木交差点すぐ近くのラピロス六本木で試食イベントを開催していました。

IMG_17207

イベントでは、キッチンカー“『プチッと鍋』号”で、新しいお鍋の食べ方“おなべランチ”をアピール。

おねいさん

『プチッと鍋』を使った鍋料理が1日2000食振舞われました。

IMG_17257

たまたまその場を通りかかった人々も、イベントに興味津々。当日は少し肌寒かったこともあって、暖かい鍋料理には大満足の様子でした。「料理は滅多にしないけど、これなら作ってみても良いかも」「ちょうど7種類の味があるので、ローテーションでお弁当にしてみたい!」という声も。

1 2次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。